自分の感性が<YES>という本に出会うたった1つの方法

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門のカウンセリングオフィス『リベレスタ』代表・原口実紅です。

 

本屋に行くとものすご~く、たくさんの本がありますよね。

私は昔から本を読むのが好きで、何か苦しいことや悩みがあると本屋に行って解決の糸口になりそうな本を探したものですが、最近はその頃よりは本を読まなくなりました。

単純に悩む頻度が減ったっていうのもあるかもしれませんが、自己肯定感が上がってきて他人の知識を借りなくても自分で解決するようになってきたとも言えます。

 

本を読んでも、他人の影響を受けたくない!

本屋さんで本を眺めていると、本当にいろんな立場の人がいろんなことを好き勝手なことを語ってるなぁって思います。まあ、そもそも本はそういうもの。

それぞれ立場も境遇もバックグラウンドも違うし、持って生まれた能力も差がある中で、自分の感性が「YES」という本に出会うのは、本当に砂の中の1粒を見つけるような作業です。

しかしなかなかそう吟味もしてられないので、ぽいぽいと適当に本を選んで、頑張って目を通して、アタリを探しに行くっていうのが普通のやり方ではないでしょうか。

でも、それらの本を読んで行くと、1人1人が自分に対して好き勝手言ってくる状態になるので、だんだん「この人のいうことが正しいのか~!?」なんて混乱してきちゃったりと、いらない影響を受けて疲れるんですよね。

 

本を選ぶときは 

とは言っても、やっぱり必要な知識や、興味のあることについては、本を読むのが一番の近道だったりしますよね。

私自身も今だに、たまに本も読んでいるんです。けれど無駄な買い物になることは、かなり減りました。

なぜなら”心に聞く”を使うから。

本屋さんにある膨大な本から自分に必要なものを選びたい時におすすめの方法が、「心に聞いて、本を選ぶ」というものなんです!

注)”心に聞く”って何?
無意識の声を聞くテクニック。やり方は簡単、自問自答の要領で、自分の内側に、言葉で問いかけます。頭に「心よ!」とつけるのがコツです。
(詳しいやり方は、こちらをご覧ください)

気になる本は手にとって、「この本は必要?」、迷ったときは「これとこれ、どっちの本がおすすめ?」とか心に聞くといろんなことを教えてくれます。

「そもそも私は本読みたい!?」なんて聞いちゃうのもいいかもしれませんね。

この方法を使うと、どの本が自分に必要なのかがすぐわかるし、不安でたくさん本を買って結局読まない!ということがグッと減りますよ。

 

オススメの本の読み方

そして、さらに買った本を最大限に有効活用する読み方があります。

それが「心に聞きながら読む」という手法です。

 

本を読んでいて「これってどうよ?」と思ったときは、心に聞くと、いろんなことを教えてくれて勉強になります。

「この部分はこう考えたほうがいい」とか「これは、この人の思い込み」とか教えてくれます。心が教えてくれるのは絶対的な真実ってわけじゃなくて、あくまで自分にとっての真実なんですけどね。

本の中に、1個は「読んでよかった~!」と思えるものがあったら私は良いと思います。でも、それ以外のところも目を通さないといけないから、いらぬ影響を受けるようなことのないように、心に聞きながら読むんです。

というか、むしろ音声ガイダンスみたいな感じ。

心の解説を聞きながら本を読むと、無駄な労力も使わず、楽しく読めます。

 

心に聞くを活用して、素敵な読書ライフを!

f:id:micu_h:20180215160126j:plain