トラウマが人類の心と体を繋げる

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

 

こんな動画を見つけました

子供時代のストレスが生涯の健康に影響を与えるということについてプレゼンされています。アメリカにて、2年前に行われたスピーチのようです。(約16分)

 

この動画はすごいです!!

身体的な治療ばかりに集中している医療は本当に遅れていると思います。発症した病気を治療することは、もちろん必要ですし否定されるものではありません。しかしこの動画にある通り、井戸の水を飲んでお腹を壊した人に抗生剤を渡すのも大事ですが、その井戸の水に何が入っているのか?を確かめる必要もあると言うことです。

 

根底にある原因はなに?

世の中に蔓延する様々な体の不調って実は結構、精神的なものが原因なのではないか?と思います。なぜならほとんどの場合が「本当のところの原因は、不明」という話だからです。

原因が明らかな体の不調って、外傷(転んで擦りむいた、骨折したなど)と、感染症くらいでしょうか。感染症についてはワクチン、抗生剤などの発明や、予防衛生の概念普及によって、徐々に淘汰されつつあるのかもしれません。

ただ感染症も、風邪など、考えてみれば不思議ですよね。同じ空気を吸っているのに、風邪にかかる人、かからない人がいる。手を洗わなくても風邪をひかない人もいれば、予防に熱心でも風邪をひく人がいる

風邪をひかないためには、免疫系が仕事をしてくれていないといけないんですよね。

でも、免疫系が仕事をしている人と、してない人の何が違うのか?何が原因で免疫系が仕事をサボるのか?というと「ストレスでしょう」という話になってしまう。

いろんなことをどんどん突き詰めていくと、「ストレスでしょう」ってことになっちゃうのは本当に面白いですよね!全然科学的じゃない!

 

ストレスってなんぞや

ストレスといえば、生理学者のハンス・セリエが唱えた学説です。ストレスとは刺激に反応して歪んだ状態を指すそうです。

ストレス刺激は物理的(暑さや寒さなど)、生理的(酸素欠乏、栄養不足、病原菌の侵入など)、心理的(人間関係から生じる葛藤や不安など)などの種類があります。

この中で、現代社会では物理・生理的なストレス刺激は、ある程度は解明・克服されていると言ってもいいでしょう。残るは社会・心理的ストレッサーですが、これらは全ていわゆる人の心の状態で、精神的なものです。

ストレスは多くの病気の「原因」もしくは「遠因」と言われていますが、この心理的ストレス刺激については、全く解明・克服されているとは言いがたい状況です。

それにも関わらず「ストレスでしょう」とか「精神的なものかもしれませんね」と言われてしまって「じゃあどうすりゃいいの?」と思ったことがあるのは私だけじゃないはず。

 

精神ってなんぞや

それでとても便利な「精神的」という言葉ですが、実は、「精神」は自然科学では解明されていません。

単純に、実体のないものは自然科学では観察できないですし、精神とか心を一つの「機能」だったり「システム」と考えると、それらを研究するやり方は自然科学ではなくなります。

しかしどうやら、精神的なものは身体的なものと関連しているらしいじゃないですか。

以前私がとても興奮した腰痛の話ですが、まさにその心身相互関係については、解明されていない部分の話で、解明待ちなのがもどかしく感じたりしていたわけです。

けど!実はこの分野ってとってもよく研究されていたんです。

それがトラウマの研究です。灯台下暗し!

この動画にもある通り、知れば知るほどトラウマの研究で明らかになっていることがあまり知られていないのは、とってももったいないんです。

 

トラウマってなんぞや

トラウマについては以前簡単に書いたりしましたが、もっと詳しく知りたい方にオススメなのはこちらの本です。

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法

 

この動画にもあるような研究が綺麗に整理されており、トラウマというものの医学的な歴史を追いかけることができます。

分厚い本ですが、翻訳も良く、かなり読み物として面白いので、トラウマに興味のある方にはオススメです。そして、身体の治療に携わる医者やセラピスト、心の治療に携わる心理士やカウンセラーすべての人に必読と言える本かもしれません。

 

traumaのもつ可能性 

トラウマについて研究されているものを読めば読むほど、「トラウマ」、「心の傷」の持つ可能性に、とても魅せられてしまいます。

一般的にはトラウマってなんか暗そう、怖そう、と思われてしまうものかもしれませんが、度胸のある人が真正面からちゃんと観察していくと、非常に面白いんです。

人類の神話も科学も歴史も医学も、もしかしたら<trauma>の一点でつながりあうのかもしれないんですね。

心の傷の存在から逃げるのではなく、むしろ楽しんでしまって、いつか克服したら人類はすごいところまでいけるのかもしれないですよね。

人類にもたらされた、最凶の苦難であり、最大の福音が、トラウマでしょう。

生き抜いてきたクライアントさんたちの、苦しみと喜びが、人類の希望そのものなのかも!

 

ハワイに移住

ここだけの話。

私の目標は、トラウマで一攫千金です。そして、そのお金で大好きなハワイに移住しようと思います!そのために頑張っています!待ってろよハワイ。

 

f:id:micu_h:20171211205400j:plain

 関連記事

liberesta.hateblo.jp

liberesta.hateblo.jp