ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

なぜ治療で「遺伝子コード」を唱えるのか!トラウマは遺伝子に傷をつけ次世代に引き継がれる

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

 

今日は遺伝子コードの話をします。

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!: 脳の電気発射を止める魔法の言葉

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!: 脳の電気発射を止める魔法の言葉

 

 

エピジェネティクスが人類を変える

最近「エピジェネティクス(1世代の間に遺伝形質がどのように変化し、変化させられるか、さらにはその変化がどのようにして次の世代に引き継がれるかを研究する学問)」という分野が急速に発展しています。

この分野の研究がさらに進み知られるようになると、医療だけじゃなくヘルスケア、ダイエット、飲食業、美容、教育その他、広大な領域が大きく変化すると思われます。

なぜなら人間のすべての営みは遺伝子に影響を与え、我々はそんな遺伝子の影響から、逃れられないからです。

早速それを利用しているのが、最新の科学で判明しているエピジェネティクス心理療法の仕組みを掛け合わせた、短期療法FAPで今最もアツい治療になります。遺伝子コードを使った治療、FAP Ver.αと呼ばれる手法です。

 

遺伝子は、変えられる。――あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実

エピジェネクスについて詳しく知りたい方は、シャロン・モアレム博士の本を読むと色々な面白いことがわかります。

今回はこの本を参照しながら、最新のエピジェネティクスについて説明していきます。

 

遺伝子の振る舞いはフレキシブル

こちらの本のタイトルにもある通り、従来考えられていた「遺伝=運命」はもう古い考え方。実際にはヌクレオチドで書かれた極小の設計図が<超フレキシブル>な性質を持っていることが、科学的にわかってきました。

先天的に引き継いだ素質についても、発現の表現幅(例えば、同じ疾患でも軽症で済むかどうかということ)を持っているし、それらは様々な後天的条件などによる、ということがわかっています。

f:id:micu_h:20161230164958p:plain

例えばホウレン草を食べるだけで遺伝子コードが書き変わるということが発見されているくらいです。これらは<メチル化>と言って、ヌクレオチドの配列に変化を与えずにDNAを改変する一つの方法なのですが、このメチル化はわりと簡単に起きてしまうことがわかって来たんですね。

 

働き蜂になるか、女王蜂になるか

ちょっと面白いのでもう少し紹介します。

ミツバチには「働き蜂」と「女王蜂」がいて何もかも違います。

外見そのもの、寿命、針が使える回数、不妊かどうかなど、ここには当然遺伝的な違いがあると思われがちです。

しかし実際は、働き蜂と女王蜂の両親は同じで、DNAは全く同じなのです。

f:id:micu_h:20171021165316p:plain

じゃあこの違いをもたらしたのは何か?というと、何を食べて育ったか、ということだけ。しかしこの食べ物(ローヤルゼリー)が、遺伝子を変質させる転移酵素Dnmt3)の働きを、オンにしたりオフにしたりする。ただそれだけの違いで、女王蜂になったり、働き蜂になったりする、ということがわかっています。

蜂と人間じゃ随分遠い話のようですが、このDnmt3をはじめ人間は驚くべき数の遺伝的類似性をミツバチと共有しているんです。

 

ストレスでも遺伝子は変化する

心理療法FAP」は、言葉の力や共感による脱感作などを使ってストレスを緩和していき、後天的な変化を起こしていく心理療法です。

遺伝子コードを唱える治療など、仮説に基づいた臨床を行なっている段階であり、メチル化などの変化が起こると科学的に証明されているわけではありません。

f:id:micu_h:20161120235350p:plain

そんなので変わるなんて、と思われるかもしれませんが、エピジェネティックな変化のためには、物理的な刺激を与えないとダメなのかというと、そうではないみたいんです。

例えばストレスです。

一定期間、親と引き離されたされたネグレクト(育児放棄)のマウスと、通常の生育環境で育ったマウスでは、DNAが同じでも様々な行動の違いが生じました。ネグレクトマウスは、危険な場所を察知することが苦手になり、また危機に対しても立ち向かう前に諦めてしまう行動をとります。

この実験では「MECP2」と「 CRFR2」の遺伝子がネグレクトの影響を与えられ、変化していたそうです。(この2つの遺伝子は、人間にも存在しています)

 

世代を引き継ぐトラウマ

そして実はこのネグレクトマウス、困難な行動特性をなんと自分たちの子供にも受け渡したのです。その子供達は生育に全く問題がなかったのにもかかわらずです。

クライアントさんと遺伝子コードのお話をしたり治療をしてく中でよく「先祖からの因縁を断ち切りたい」という言葉や「私の代で終わらせないといけない」という言葉が出ることもありますが、もし自分1世代分だけのトラウマ(いじめやネグレクトなど)の影響を取り除くだけではなく、先祖から受けついだトラウマによる行動特性まで変化をさせていたとしたら、これはクライアントさんの言葉通りの表現になります。

また、例えば戦争や災害などの大規模かつ集団的トラウマなどは、子孫にわたってエピジェネティックな影響を与え続けるということです。これらのトラウマまで治療してしまっているとしたらと思うと、前々から「日本のトラウマを癒したい」と発言していた大嶋氏(心理療法FAPの開発者)の描く壮大な治療物語を垣間見るような気持ちになります。

 

そんなわけでは私は今だにいろんな遺伝子コードを唱えまくっています。物語は壮大でも、やることはひたすら唱えるという地味な感じです。クライアントさんたちと一緒に地道に唱えたいと思います。

ご紹介したモアレム博士の本には実際の遺伝子コードも書いてありますので、何かと唱えてみたら面白いかもね!?と思いました。見慣れているのもあり、そうでないものもあり。興味があったら読んでみてください。

 

 さいきん書いた重要記事は… 

liberesta.hateblo.jp

liberesta.hateblo.jp

 

リベレスタのお知らせ

「心に聞く」ゼミ

人を自由にしてしまう「心に聞く」をやってみたい方、詳しく知りたい向けに書きました。背景理論から実践までブログ記事でご紹介しています。

FAP療法カウンセリング

リベレスタセラピールームでは、「心に聞く」などを使った最新のトラウマ治療<FAP療法>の心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・新横浜での直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間