読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

第10講 心と信頼感を深めるコツ その2(リベレスタの「心に聞く」ゼミ)

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

前回からの続きです!(目次はこちら

f:id:micu_h:20170315113610p:plain

  

第5章 心と信頼感を深めるコツ

2、心に聞くタイミング

では次に、「心に聞く」が効果を発揮するタイミングについてお話ししていきたいと思います。まず基本的に「心に聞く」には条件はありませんし、聞いてはいけないこともありません

とはいえ「いつでもどうぞ」だと逆に、いつ聞けばいいのかわからないですよね。

f:id:micu_h:20170324142242p:plain

下記に「聞いた方がいいタイミング」を表記しましたので、参考にしてみてください。

 

a)不快感がある時

この時に行うのはメインで「邪魔の排除(第1章参照)」です。
不快感は自由になるための真実に近づいている印(そこから引き離そうとしているときに起こる)のため、不快感がないところには真実もない!とも言えます。
そんな時は、ぜひ不快感を心にとってもらって、「やりたいことをやる」ことを習慣づけてください。

 

b)本当にやりたいことを知る

「今私は何がしたいの?」「これをやりたいと思うんだけどやってもいい?」などを、心に聞きましょう。人は「やらなければいけないこと」も「やりたい」と勘違いしていることがとても多いのです。
心にきくと「やらなければ!」が切り捨てられていき、自分のやりたいことができるようになっていきます。

 

c)真実のタイプ

支配者かどうかなど、真実のタイプは、頭で考えずに心に聞いてください。
支配者の場合は、頭では「そんなはずない!」と思っても、心に「あの人ってどんな人?」と聞いてみるだけで、心は真実を教えてくれます。
その答えを聞くと「じゃあ、離れた方がいいね!」と行動することができます。

 

d)体の感覚について

体調や痛みなどの、体に関係することも無意識に聞いてみると面白いです。
不調は、大抵は暗示で作られます。ネットで症状を検索したりする前に、まず心にきく!ということが大切です。
また、食べるものや食べる量なども心に聞くと、食べ過ぎなどを防げます。

 

3、信頼感を深めるコツ

心とは、ゆっくり、じっくり信頼感を培っていくものです。

f:id:micu_h:20170324142504p:plain

最初は「そうだよ」「違うよ」しか教えてくれなかった心も、使い続けていれば、だんだん「こうすればいいよ」とか「こういうことかもね」など、たくさんのことを教えてくれるようになります。

ちなみにですが、心の答えは案外地味です
それは、心の声が「その人本来の姿」だから。
そのため、他人から見ると「すごい!」と思うような答えも、自分で聞くと「私の考えじゃない?」ということが多いのです。

地味な答えが返ってきても、信用してあげてください。

 

a) 思い込み・決めつけこそ聞く!

「ぜったい〇〇なはず!」「私ってこういう人!」など、自分が思い込んでいること、決めつけていることなどについて聞いてみてください。
思い込み・決めつけって、実は暗示です。心は暗示を消す天才です!

 

b) 疑ってOK!しつこく聞いてOK

前述しましたが、物分かりが良くなる必要はありません。「なんで?」「本当に心?」などと気がすむまで心に聞いてみてください。
心は絶対に「しつこい!」と言いません、むしろ、しつこく聞けば聞くほど心との信頼関係が高まります。

 

c) 自分で解決せずどんどん頼る!

問題が大きくなるサイクルというのがあります。そのサイクルには「自分の意志の力で問題をなんとかしなければ!」と思った瞬間に入ります。こうなってしまうと問題が無駄に大きくなってしまうのです。
早々に諦めて、自分で解決しようとせず、心に聞いて解決方法を教えてもらいましょう。

 

d) 一貫性を求めない

正しいか?間違いか?を決めるのは支配者の特徴だという話は以前言いましたが、一貫性を求めるのも支配者の思考です。
心の答えには一貫性がなく「さっきの答えと違うじゃん!」ということがままあります。しかし、そこにも深い意図があるのです。「一貫性がない!」と判断せずに、じっくり心の声を聞いてみてください。

 

e) 試さない

最後に、試すような質問については、注意する必要があります。まずは無意識の声というのは占いではありませんので「当たった←→外れた」のような価値判断に当てはめようとすること自体がナンセンスです。
また「試したい気持ち」自体が自身のものではなくて「邪魔の思考」の場合が多いため、試したくなった時にはまず邪魔の排除をしてみてくださいね。

 

さいごに

この記事が、心に聞くゼミシリーズの最終講義です。

心理学メソッド「心に聞く」は、やり方は簡単でシンプルですが、その奥深い背景を知ると、ますます使ってみたくなりませんか?

f:id:micu_h:20160919201448j:plain

ぜひ普段の生活の中で「心に聞く」を活用して、意識にかかっている暗示を解いてどんどん自由へと近づいていっていただきたいです。

この習慣が個人レベルでさりげなく広がり、意識が暴走して起きる問題も少しずつほどけていけばいいなぁ、と思っています。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの本を読んでいただくとさらに理解できるかと思いますので、ご紹介しておきます。

支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック

支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック

 
無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―

無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

「心に聞く」をもっと深く知りたい方へ!

「リベレスタの心に聞くオンラインゼミ」を4月中旬〜開講いたします。

「心に聞く」について「これってどうなの?」「私の場合はこれでいいの?」などの不明点をクリアにしたい、もっと詳しく深く知りたい、体感してみたい、習慣にしていきたい、そんな方のための学びの場を作りたいと思っています。

習い事のように、毎週少しずつ「心に聞く」を習慣化するコミュニティのイメージです。女性限定&会員制です。講師&運営は、原口実紅・原口色です。

第一期(4〜6月)の募集について、詳しくは明日の記事でお知らせいたしますので、お楽しみに!

 

リベレスタのお知らせ

心に聞く31日間のワークブック

WEB連載していた「人に支配されない脳を作る31日間のワークブック」が40Pの小冊子になりました。通販でご購入いただけます。

FAP療法カウンセリング

リベレスタセラピールームでは、「心に聞く」を使った最新のトラウマ治療<FAP療法>の心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間