読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

第8講 無意識さんの世界 その2(リベレスタの「心に聞く」ゼミ)

心に聞くゼミ 心にきく
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

前回からの続きです!(目次はこちら

f:id:micu_h:20170315113610p:plain

  

第4章 無意識さんの世界

無意識に身を委ねると…

前回、意識と無意識のお話をしてきましたが、そんな「無意識」の声を聞き、無意識に身を委ねることが習慣になっていくと、どんな変化があるのでしょうか?

f:id:micu_h:20170324122200p:plain

ちっぽけな意識を超えて可能性が無限になる

無意識には、これまで見聞きした全ての情報、知恵がぎっしり詰まっています。そのため、意識で覚えている自分の知識だけで対応していたこれまでと違って、無限の可能性の中からベストな解決策が見えてきます。

根拠のない自信が湧いてくる

人が「自信のない状態」というのは、暗示にかかった状態だということです。本来、人は自然な状態で自信があるのが当たり前。
暗示が解ければ自信は勝手に湧いてきます。

何が起きても柔軟に対応できる

意識だけで生きていると、あんなことが起こったらどうしよう、こんな時はどうすればいいのかしら、予測してきちんと対策しなきゃ、などとリスク管理にてんてこ舞い。しかし無意識さんに委ねることができると、その場その場で適切な対応ができるようになります。

努力しなくてもよくなる

1万円足りない!となったら日給1万円のバイトをすればいいというのが意識の世界でしたが、無意識に委ねているとあらぬところからお金が入って助かっちゃうなんて経験もザラです。
努力と気合いと根性で乗り切る!なんていう世界とは、無縁になります。

現実が美しく変わる

前回も述べましたが「現実」の定義が変わります。
どんどんかかっている暗示を解いて、無意識が美しい世界を見せてくれます。
それが本当の世界の美しさだということです。

 

2、意識を打ち消すキーワード

さて、でも今まで散々「考えて努力しろ〜!」なんて言われて育った私たち。今更「考えないで無意識に委ねましょう〜!」なんて言われても抵抗があって当然です。

そもそも考える習慣がある私たちにとって「考えるな!」と言われるほど難しいことはありませんよね。

 

考えたくなったこの言葉を使う

意識は「善い←→悪い」「正しい←→間違い」の世界だということを前回はお話ししました。

それに対してそれが「良いか悪いか」なんて「わからない」、「正しいか間違いか」なんて私には「わかるわけがない」というのが、無意識の世界なんです。

f:id:micu_h:20170324123434p:plain

意識から無意識に切り替えるスイッチのように使えるのが「わからない」という言葉。

わかる!と思った瞬間に、暗示がかかります。

「そんなこと、わかっている!」と思った時、人は無意識との繋がりを失います。

 

私たちは、本当は何にもわからない!

他人の気持ちを勝手に想像することが習慣づけられている人は、「私は他人が何を感じているか分かってしまう」という思いがあります。

また、「自分のことくらい自分でわかる!」と思った瞬間、その人は自分自身に強い暗示をかけてしまいます。

このように、他人や自分の気持ちを考えてしまったり、感じてしまった時にはこんな言葉をゆっくりと唱えてみてください。

人の気持ちはわからない
自分の気持ちすらわからない


この「わからない」という言葉は、無意識の力を発動させるキーワードなんです。

 

f:id:micu_h:20170324124122p:plain

 

わからないのに考えてもしょうがありませんし、誰かがわかっているのではないのだから、相談しても意味がありません。

むしろ考えれば考えるほど、相談すればするほど、どんどん暗示にかかってしまいます。

f:id:micu_h:20170324123434p:plain

そんな時は、わからなくて、いいんです。「わからないんだ〜!」と思い切って、真実はどこにあるのかを心に聞いてみてください

例えば、「私は落ち込んでいるに違いない!」と思った時でも、「いや、わからないぞ?」と思い直して心に聞いてみてください。面白い答えが聞けるかもしれません。

 

すると本当にやりたいことができるようになる!

このように、自分のことも「わからない」相手の気持ちも「わからない」なんでか「わからない」どうすればいいか「わからない」などと「わからない」を連発しながら、心に聞いていくと…

f:id:micu_h:20170324125723p:plain

あんなにいっぱいだった頭の中が、「何もない!」という状態になります。

この状態が「人に支配されない脳」なのです。

そして、この状態になって初めて「本当は何がやりたかったのか」がクリアにわかり、それまで動けなかったのが嘘のように、やりたいことができるようになります。

これが「心に聞く」の極意です!

 

まとめ:
無意識のキーワード「わからない」を使って心に聞き、人に支配されない脳を作ろう!

 

(次回 第5章 に続く)

liberesta.hateblo.jp

 

リベレスタのお知らせ

心に聞く31日間のワークブック

WEB連載していた「人に支配されない脳を作る31日間のワークブック」が40Pの小冊子になりました。通販でご購入いただけます。

FAP療法カウンセリング

リベレスタセラピールームでは、「心に聞く」を使った最新のトラウマ治療<FAP療法>の心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間