ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

がんばるスパイラルからの脱却 〜しきたんが聞く!FAPカウンセリングご感想インタビュー(vol.5)〜

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。
今日は、うちのスタッフ「しきたん」が、リベレスタのFAP心理カウンセリング(トラウマ治療)を受けている方にインタビューをする企画、第5弾をお送り致します。

 

f:id:micu_h:20161231164141j:plain

インタビュアー・しきたん(原口色)

こんにちは、しきたんです。リベレスタセラピールームの受付スタッフです。このインタビューはカウンセリングに関わっていない第三者の目線から、FAP心理カウンセリングを現在継続中の方に率直なご感想を伺っていきたいと思います!(私のブログ「しきたんの自由なブログ」で私自身のFAPカウンセリングの感想も書いています、ぜひ読みに来てね★)

f:id:micu_h:20170323095557p:plain

FAPカウンセリング完了されたということで、お疲れさまでした。
FAPカウンセリングと出会った経緯を聞かせてください!

私は「頑張れば幸せになれる、大変なことをやればやるほど良いことが待っている、だから頑張れる!」と、ずっと思っていました。
けれど、がんばるスパイラルの中で、しんどくなってきたんです。それで逃げるように転職したんですが、次の会社でも同じようになってしまって…。結局、環境や職種を変えても、自分が変わらないと抜け出せないんだ、ということがわかりました。
会社では認められて階級や給料がどんどん上がっていき、周りの友達には羨ましがられるくらいでしたが、自分の中では達成感が得られない状態が続きました。

それでその頃、なんとかしたくてありとあらゆる心の治療法を試したんです。スピリチュアル、占い、リーディングとか…。でも、やってみると最初は良いかもって思っても、やっぱり一番解決したい部分には手が届かなくて。
最後は同じ「結局自分が変わらないと…」という結論に戻ってきてしまうサイクルでした。

そんな中で、大嶋先生の本に出会い、どうにかしてくれ~って、すがるように読んで、その後リベレスタさんの心に聞くワークショップやカウンセリングを受けたのが、直接のきっかけです。

カウンセリングで感じたこと、気づきなどはありましたか?

FAPカウンセリングでは「考えなくていいですよ」って言われて、最初は正直戸惑いました。「無意識さん(心)に聞いてみましょう、お願いしましょう」というのが、今までの私の考え方と真逆で。(注:「心に聞く」とは?
でも、自分が本当に求めているのがどちらなのか。「自分でなんとか乗り越える」なのか「無意識さんにお任せしちゃう」なのか、それは、後者だなあって思って。
カウンセリングを受けるうちに、私は「自分が変わらなくちゃいけない!」と、勝手に思い込んでいただけだったんだ!って気づいたんです。覚悟をしなくてはならないとか、もっと自立しなくてはいけないとか、そういうものは全て自分が勝手に作りだしたもので、本当はそんなハードルはどこにもなかったんだ、って。

変化はありましたか?

変化は会社の仕事の中で一番感じました。
会議はなぜか集中的に指摘されることも多く、ガチガチに緊張しながら、一字一句間違えないように返答しなくてはならない重労働だったんですが、治療を受けていくうちに肩の力が入らなくなって、緊張することなく、思っていることをそのまま話せるようになりました。
面白いことに、そんな風に話せるようになってからは逆に会議中に指摘されることもなくなったんです。
この変化には一緒に働いているスタッフもこの変化は感じたみたいで、「いったい、何が起きたの!?」って言われました。笑

環境は変わりましたか?

今までの私の中には、「結婚」か「仕事」の二大テーマがあって、常にどちらかを追い求めていたように思います。自分の中では結婚したい願望の方が強いと思っていたんですが、心に聞いたら、どっちも違うって言われてしまって。
今まではなんだったんだろうって思いましたね。笑

私が日々意識的に考えていたことと、心の底で思っている本音が違うということがわかってしまってからは、今までのようにいかなくなりました。FAPで私が変わった瞬間を挙げるなら、この時だったと思います。
タイミングよく、上司にも聞かれたんです。「腹を決めて仕事を頑張るか、辞めるか、どっちかにしろ」って。ここで「頑張ります!」とは、もう言えませんでした。

会社を辞める時、不安はありましたか?

給与とか地位とか、そういうものが全部なくなるのはとても不安でした。 今更アルバイトとかできるんだろうか、プライド的に、って。
お金は、実際会社を辞めたら流れるようにお金がなくなったんですけど(笑)でも、お金がなくなってどうしようもなくなっちゃう、という不安は現実にはなりませんでした。アルバイトも必要な分だけやろうかな、と思えたり。変なこだわりがなくなったように思います。
そういえば、辞めるにあたって、無職が恥ずかしいという気持ちがありました。近所の人に、あの人毎日散歩してる、きっと会社に行っていない人なんだわ、とか思われたくない!っていう…でもこれも、遺伝子コードを唱えていたら気にならなくなりました。

これからは何をされるんですか?

今はこれから何をするかも含めて、わからないことがたくさんあります。
やりたいことをいくつかピックアップしていて、カウンセラーのお仕事もいいな、と思っています。でも、心に聞くと、すぐにやらなくてもいいよ、ということだし、自分のペースで色々と取り組んでみようかな、と思っています。

以前の私だったら、友達に「最近何してるの?」って聞かれるのが怖かったと思います。大丈夫なの?って言われたくない、心配されたくない、何かに向かって頑張ってるって言えなきゃ、結婚もまだしていないんだから、って。
でも、今はそういう気持ちがなくなっていて。無理してない自分がいるなって気がして、ああ本当によかったなって思っています。

 

f:id:micu_h:20161231170416j:plain

<コメント>
インタビューの最初に「劇的な変化ではないかも…」とコメントをいただいていたんですが、お話を聞いていて「変わっているじゃないですか〜!」とびっくりしました。
たしかに、FAPカウンセリングを受けたらいきなり外見ががらっと変わるとか、能力が突然開花するとか、お金が降ってくるとか、そんなことは起こりませんが、そんなものは要らないと思えるくらい内面が変化するように思います。
そしてその内面の変化が、これからのいろんな出会い、さまざまな出来事、を引き起こしていくんじゃないでしょうか。
これからの生活が楽しみですね。素敵なお話、本当にありがとうございました!(by しきたん) 

FAPカウンセリングについて詳しくは

kokoloyo.strikingly.com 

 

関連記事

liberesta.hateblo.jp

 

リベレスタのお知らせ

「心に聞く」ゼミ

人を自由にしてしまう「心に聞く」をやってみたい方、詳しく知りたい向けに書きました。背景理論から実践までブログ記事でご紹介しています。

FAP療法カウンセリング

リベレスタセラピールームでは、「心に聞く」を使った最新のトラウマ治療<FAP療法>の心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間