読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

リベレスタは有機体

リベレスタ 心にきく みくコラム
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。 

今、実はリベレスタのパートナー原口色が、外に働きに出ています。

そうしたら、リベレスタとしての変化スピードが止まってしまいそうになっているということが、心に聞いて発覚しました。ので、その話をします。(注:「心に聞く」とは?

 

 

最初は、私自身の謎の「何も手につかない」状況。

カウンセリングは楽しいしやっているときは夢中です。
しかし、それ以外の時間に何もできなくなっちゃったんです。
料理もブログも「あ~れ~?おかしいな~?」という感じ。

メリハリがないからかな?とか、カウンセリングで疲れてるのかな?とか、色々考えてみますが、なかなかしっくり来ません。

そういう時こそ、心に聞くです!
何が起こっているのかをじっくり聞いてみました。

 

心よ!これはなんですか?
「仕事をやっていない時に、仕事に対する腰の重さと戦っていることで、気力を消耗する。」

心よ、腰が重いのはなぜですか?
「なんとなくこの波(FAPの本格的な臨床)に突入にしちゃったから、ちゃんと覚悟を決めたいと思っている。」

心よ、どうすれば覚悟ができるんですか?
「今、有機体として動いていくことができないという不安があります」

へー、心よどういう不安ですか?
「今まで、1分1秒といった感じでその場ですぐ議論し、最適化し、ということを臨機応変に変えてきているものが、急に数ヶ月というスパンで止まってしまっていることに対する不安。」

心よ、なるほど!臨機応変に変化していく体制が整っていないままで、進むことに対する不安があって、覚悟が決まらないんですね?
「そうです。」

 

リベレスタは、何しろ、公私とものパートナーと2人の団体ですから、ちょっとでも気になることがあればその場で議論し検討し、最適化し試して、と、かなり早いスピードでサイクルを回せます。

そして二人とも無職で起業しているので、最初からフルスピードを緩めることなく濃い毎日を過ごす中、リベレスタは動き続け、ここまで来ました。

 

しきが働きに出るということを言い出した時は「カウンセリングはやることが決まっているし、ここでしきが少し抜けても会社以外の時間に手伝ってもらえば、大丈夫かな」と思っていたのです。

しかし、確かに「カウンセリング中」はやることが決まっているけれど、リベレスタの団体としてはそういうわけではなかったのか?

 

心よ!しきが働き始めてしばらくは、ブログも更新できてたし、料理とかもできていて、とても良い感じでしたが。
「それは、【議論最適化様子見議論最適化様子見】の様子見のターンだったから。スタート直後だったので多少はそのように過ごせましたが、しかしそれも僅かの期間でした。
リベレスタの事業として、状況はどんどん変化するのに、それに臨機応変に最適化できないのがイヤなんです。」

心よ、最適化への不安は私のもの?
「不安というより、動きが止められている「不快感」です。」

心よ!しきの会社勤めのことが関係しているんですか?
「大いに関係している。リベレスタという有機体において、しきはとても重要。」

心よ!しきが重要なんですね!
「カウンセリングの利益だって全て「リベレスタ」に入ってきているんだよ。あなた一人だけの利益ではない。」

なるほど確かに。

 

リベレスタは原口実紅と、公私共にパートナーの原口色2人で作った団体です。

2人ともが会社を辞めてすぐの春に「ピカケマインドスタジオ」という名前で心理カウンセリングオフィスを作り、その後「心理カウンセリングをマッサージのように身近に普及させる」という構想を元に原口色が社会起業家の生態系「SUSANOO」に応募し、なぜか通過。

SUSANOO (スサノヲ)

このホームページ、原口色が「ハグレモノ」写真になっています。同じハグレモノ仲間になっているヒゲ男性は道端慶太郎さん。なんか和む組み合わせ。笑(今、SUSANOO第5期が募集中らしいです)

 

で、しきについていく形で私はそれまで一切関わりのなかったソーシャルイノベーションな人々に混ざって刺激的な日々を過ごし、その中で名前も「リベレスタ」に変更したんでした。

さらにあれから紆余曲折ありまして拠点を湘南に移したり、途中スピリチュアル方面に振り切ったり、その後やっぱり心に聞くが良いや!と思ってワークショップを開催し始めたり。

日々、何がしたいのか?を模索しながら、たくさんの出会いと、すべてを一本の糸に美しくまとめあげる無意識の力を借りながら、一進一退を繰り返してリベレスタはここまできました。

 

もはやリベレスタは、有機体なんだなぁ、ということ。
そしてその有機体に、しきたんが不可欠であるということを、心に聞くを通して改めて気付かされました。

自分たちで自由になるサイクルを回し続けないと緩やかに死んでしまう、そんな存在。この存在があるから、私たちは自由になるサイクルを回し続けられるんだ。

パートナーが会社に行ってくれたおかげでたくさん気づくことがありました。

 

止まっているのは、本当に苦しい。
これからもリベレスタは伸び縮みして生きていく。
私も、伸び縮みして生きていく。

 

f:id:micu_h:20170308125224j:plain

リベレスタのお知らせ

心に聞く31日間のワークブック

WEB連載していた「人に支配されない脳を作る31日間のワークブック」が40Pの小冊子になりました。通販でご購入いただけます。

FAP療法カウンセリング

リベレスタセラピールームでは最新のトラウマ治療<FAP療法>を使った心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間

広告を非表示にする