読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

生きてる限り、邪魔の排除はずーっと必要なのか?

みくコラム 心にきく FAP
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

私が提供するカウンセリングでは頻繁に心に聞く場面があり「邪魔を取ってください」と言うシーンもまた頻繁にあります。

それで「治療が終われば邪魔が入らなくなるんですか?」とご質問をいただくことも多いので、そのことについてブログでもお話ししておこうと思います。

 

FAPによる治療のゴールは「邪魔が入らなくなる」ことではなくて、「邪魔にリアルタイムに気づき受け流すことができるようになる」ことでございます。

 

どう言う感じ?

治療前の「心に聞く」に対する不満や困りごとには、このようなパターンが挙げられます。(あくまで一例です)

FAP治療前にありがちなパターン

・重要なことになると邪魔が入ってさっぱり答えてくれない!

YES/NOだといいけどざっくりした質問だと答えてくれない!

・邪魔の答えと心の答えと混ざっていてブレブレになる!

・そもそも「心に聞く」を使うこと自体を思いつけない!

・心に聞くのが面倒で、聞かないでやっちゃう!

・心があんまり役に立たないと感じる、頼りなく感じる!

これらが治療後どうなるイメージか

・重要なことになると邪魔が入ってさっぱり答えてくれない!
邪魔を取ってください~で簡単に取れ深刻にならない

YES/NOだといいけどざっくりした質問だと答えてくれない!
聞き方を変えようという気になる(質問の仕方にこだわりがなくなる)

・邪魔の答えと心の答えと混ざっていてブレブレになる!
自分ではない考えに違和感を感じ、気付くようになる

・そもそも「心に聞く」を使うこと自体を思いつけない!
困った時ほど心に聞くを使う気になる

・心に聞くのが面倒で、聞かないでやっちゃう!
心に聞くことに対するハードルが低いのでなんでも聞く

・心があんまり役に立たないと感じる、頼りなく感じる!
心が頼もしく感じる、ともに生きている実感がある

まあこんな感じがゴールでしょうか。

私もここまで心に聞くに対してのハードルが下がったのは本当に最近です。
と言うか日々、ハードルが下がっています。これからも多分下がっていきます。
そもそも邪魔に対してそこまで苦しめられる(=人生を支配される)ことはないので邪魔が入ること自体に嫌悪感があまりありません。
 

迷惑メールを削除するイメージ

apple watchとかありますよね。

ああいう装着型デバイスで、siriみたいに話しかけると答えてくれるのありますよね。

「心よ!邪魔がある?」と聞く時の気持ちとしては、そんな感じのデバイスに「今迷惑メール来てる?」って聞く感じです。
そして、「邪魔があるよ」「じゃあ取ってくれ~」ってお願いするのも、「はい・迷惑メールは・3件・です」「じゃ削除しといて」って感じです。

まあ、ちょこちょこ取っておかないとメモリを圧迫されるのはムカつくので、こまめに削除します。

けど、その程度のことで、なんていうか、あんまり負担がないんです。

迷惑メールに対していいちいち腹立ててたらキリないですよね。あっちは事務的に、機械的に、仕事として送ってくるわけですし。

でもこれが邪魔と考えると、以前の私は迷惑メールの1件1件に目を通して、「またコイツか!」「なんでこんなことするの?」「私が悪いわけ?」「気持ち悪い文章!」とかいちいち反応して、不快感にまみれて「もう二度と来ませんように!」と削除のボタンを押していたわけです。

でも迷惑メールって、また、普通に来ますよね。メールアドレスだったら変更すれば来なくなるけど、邪魔の宛先アドレスは私たちの脳なので、変更はちょっと大変です。

だから淡々と「迷惑メールが来ましたよ」と通知がくれば「削除して」とお願いするのが一番なんです。

通知機能は、自分の感覚に戻ると、どんどん精度が上がります。(ポポンポポーン♪)

最近はフィルタリング機能で迷惑メールっぽいやつを迷惑フォルダに入れてくれるじゃないですか。あのフィルタリング機能が「自分の感覚」なんです。

受信すると「違和感」をすぐに感じて「迷惑メール?」と心に聞けば「そうだよ」と教えてくれるので「削除して」とお願いします。

そんな感じだと、邪魔自体そんなに邪魔じゃないんです。

 

最強のウェアラブル・デバイス

先日人工知能と人間男性との恋を描いた「her」という映画を見ました。

f:id:micu_h:20170224102521j:plain

そこではウェアラブルなデバイスをみんなが持っていて、イヤホンでOSと会話しながら普通に街を歩いているんです。なんか近未来!と思ったんですけど、これ心に聞くで今でもやっちゃってるよな~とか思う部分もありますよね。

心に聞くは、物理デバイスは不要で、呼び出す言葉も「心よ」だけとか、どんだけハイスペックでユニバーサルデザイン!という感じ。(最先端すぎて逆に信じられない感じはしますけど)使い出すと確かに役に立つし、とても便利です!

機械より高性能に全てのカオスを計算した上で私だけのベストを教えてくれる最高の味方です。iPhoneでは得られない満足感があります!(iPhoneも欲しいけど!)

 

関連記事

 

リベレスタのお知らせ

心に聞くカウンセリング入門講座

FAP療法の一つ「心に聞く」のテクニックを普段から使っている方向けに心に聞くを人に伝えたり、心に聞くでカウンセリングを提供するスキルを身につける実践講座。

心に聞く31日間のワークブック

WEB連載していた「人に支配されない脳を作る31日間のワークブック」が40Pの小冊子になりました。通販でご購入いただけます。

FAP療法カウンセリング

リベレスタセラピールームでは最新のトラウマ治療<FAP療法>を使った心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間

広告を非表示にする