読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

クライアントさんに心との繋がりを助けられている

みくコラム FAP 心にきく
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

私のカウンセリングは、めちゃくちゃ「心にきく」を使うのが特徴です。(注:「心に聞く」とは?
もはや私の決め台詞は「それも心に聞きましょう!」なんじゃないかってくらいです。

それはベースにある手法が「心にきく個人セッション」(FAP上級を受ける前から勝手に始めちゃっていたカウンセリングスタイル)だからだと思うのですが、私は「心にきく」にまさる心理療法はないな〜と思っているんです。

(宣伝:心にきく個人セッションができるようになる講座が、講師原口実紅で開催予定です詳細はコチラ

心理療法でも、健康法でも、思想でも何でも、私が「これは間違いないな」と感じるものには共通点があります。

それは
「簡単であること」
「開かれていること」
「体験を伴うこと」
「再現性が高いこと」です。

簡単じゃないものっていうのは、無理な姿勢で行うとか、負担が高いっていうことです。例えば、ずーっと使っていたら体を壊してしまうとか。

開かれていること、っていうのは、意欲があれば誰でもOKだよっていう態度(勉強や訓練は必要とかあるかもしれないけど)秘密がない感じ。

体験を伴う、再現性が高いっていうのは、その方自身で体験できるっていうこと。「私がやらないと効果ないですよ」とか「これは心が綺麗な人しか感じられません」とかじゃなくて、誰でも同じことができるっていうことです。

 

そんなわけで「心にきく」というメソッドは私の中で人気ナンバーワンの秀逸なメソッドなんです。
そして、そんな私が提供するFAP療法ですから、心に聞いていただく場面がとても多いカウンセリングになってしまうんです。(そして私のカウンセリングの価値を担保しているのもその点なんだと思っているんです。)

 

それで、やっと本題なんですけど。(やっと!)

 

プライベートで「心に聞く」を使っていて邪魔が入った時。
心との繋がりが遮断されて「あーもうやだ」と不快になると、ふっと思い出すんです。
クライアントさんの「心の声」を。

というより、心の答えの内容ではなくて、「違うよ、って言ってます」と心の答えを私に伝えてくださるその姿を思い出すんです。
心の声を、ご自身で聞く姿。

そうすると、急に「一人じゃない」と感じられて「じーん」と安心感が広がっていって、邪魔が取れてしまうんです。

 

「違う、と言っている気がしますなんとなくですけど」という控えめな方も、「違うよ~と言っています」と普通におっしゃってくださる方も、「ちがう!」と心の声をそのまま言ってくださる方も様々ですが、
とにかく、その方の声を通して聞く、心の答えが私は大好きなんです。

その言い方や使う言葉も、なんとなく本来のその方らしくて、無意識は本当にいつでもその方を全力で味方していて、とっても心強いなぁって、思うんです。

その姿にとっても勇気をもらいます。
プライベートでも、私はクライアントさんに救われています。

本当にFAP療法の心理カウンセラーとして活動を始めて、良かったと思います。

f:id:micu_h:20170217103111j:plain

 

リベレスタのお知らせ

心に聞くカウンセリング入門講座

FAP療法の一つ「心に聞く」のテクニックを普段から使っている方向けに心に聞くを人に伝えたり、心に聞くでカウンセリングを提供するスキルを身につける実践講座。

心に聞く31日間のワークブック

WEB連載していた「人に支配されない脳を作る31日間のワークブック」が40Pの小冊子になりました。通販でご購入いただけます。

FAP療法カウンセリング

リベレスタセラピールームでは最新のトラウマ治療<FAP療法>を使った心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間

広告を非表示にする