読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

料理、始めました!

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

実は、料理大嫌い人間でした。

私は学生時代「神さま、結婚相手は料理ができる人にしてください…私は死んでもやりたくないです…」とお祈りしていたくらい、料理が嫌いでした。

上京して10年近い一人暮らしでも、作れるのは「カップ麺」「ご飯」「そうめん」みたいな。当然、みりんとか、サラダ油すら、家にはない。
もう典型的に「台所に立たない人」で料理=したくない・できない・嫌い・苦手。

 

ところが最近、とうとう料理にチャレンジし始めました!

と言っても自分自身「あれ〜?あんなに嫌がっていたのに、なんで?」と思うくらい、いやな気持ちなく、意気込みもなく、自然に始められちゃったので、なんだか拍子抜けしている部分があります。

料理してみよう、と思った理由1つは料理担当のパートナーがフルタイムで働いてみることにした(最短でも三ヶ月は平日いない。私は昼は食べないのだが夜ご飯を帰ってから作ってもらうと遅くなるし大変である)ということ。
それに加えてもう1つが、料理に対する嫌な点が消えたということなんです。

私が料理したくない理由は、大きく分けて2つでした。

  1. 不潔な感覚がする。
    (キッチン自体が使うと不潔になるから使いたくない。肉を触ると手がベトベトするのがもうウヮって感じ。野菜のかけらなどがシンクに落ちているのを見ると、ゾッとする。料理中も手を必要以上に石鹸で洗ってしまう。)
  2. 包丁が怖い。
    (包丁の半径1mには近づきたくない。力むから玉ねぎとかズルって滑ると冷や汗どばどば。洗い物をするときもシンクに包丁が置いてあるとそればかり気になってしまう。切る、刺さるイメージをしてしまう。)

トラウマ治療で料理への不快感が消えた

ま、今考えると典型的ですが(強迫症、および妄想系)

どうやらトラウマ治療(特に遺伝子コード)の副産物として、いつの間にかこれら料理への不快感が消えちゃったみたいなんですよ!

まあパートナー料理できるし、絶対やりたくないと思えば料理は避けて通れるものなので、正直、困ってはいなかったんですけどね〜。
本当に、治そうと思っていないところには、スっと効くんですよね〜!(治そうと思っていることには「意識」が(治るわけない!など)働いて症状をガードしちゃいがち。でも最終的には無意識さんがなんとかしてくれる!)

それで、あれ?「汚い!」と逃げ腰にならないなぁ、とか、包丁が入っている洗い桶に平気で手を突っ込んでしまい「逆に危ないw」と思ったり、ちょっとした変化に、後から気づいたんです。
というか、「昔、私はなんであんなに料理が嫌だったんだっけ?」と思い返してみて初めて気づいたので、気づかなかった可能性もあります。
そこで「クライアントさんは、変化に気づかない」って、こういうことか〜とか納得してしまう。

本を見ながら作っています

f:id:micu_h:20170131091823j:plain

生まれて初めて作ったハンバーグ

f:id:micu_h:20170131091828j:plain

生まれて初めて作った野菜炒め

f:id:micu_h:20170131091840j:plain

生まれて初めて作ったほうれん草のおひたし&ぶりの照り焼き

 

まあしかし初心者なので、本当に、全く、何も、わからない。

料理のきほん練習帳

料理のきほん練習帳

 

この本を見ながら、言われた通りに作っています。
結構、簡単です!(今の所は!)

こちらの本は初心者に対して、野菜の切り方や、材料・調味料の量について、火にかける時間なども〇〇g、〇〇分などと、きちんと書かれていて「感覚がわからない」という初心者には、感覚をつかむためにぴったりの内容。
揃えたほうがいい道具もわかるし「少々」はどれくらい?とか「適量」はどれくらい?とかも説明してくれるのでとってもありがたいです!
初めて作ったにもかかわらず、全ておいしかったですよ。

スーパーの買い物も不慣れなので同じところをグルグルしています。
でも、ゆっくり、自分のペースで料理にチャレンジできているので、楽しいんです。
自分で出来た!という自信は幾つになっても嬉しい。

 

5月にまたセミナー!

もう一つ、嬉しいことがありました。
インサイトカウンセリング主催の、FAP上級フォローアップセミナーが決定とのこと。
FAP療法上級フォローアップセミナー | 変われない人たち

今回はなんと、催眠基礎講座も受けられる。(ずっと受けたくていたのです!)
ううう嬉しい。もう後先考えず、速攻で申し込んでしまいました。

私の料理嫌いを消してしまった治療法、遺伝子コード(FAP Ver.α)の楽しい話も色々仕入れることができそうで、今からとっても楽しみです!

 

おしまい

 

FAP療法のカウンセリング

リベレスタセラピールームでは最新のトラウマ治療<FAP療法>を使った心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間

広告を非表示にする