ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

ラスト・ワークショップ(びっくり〜)

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

えっそうなの?(動揺)

今朝、起きたら心に「もうワークショップはやらない」と言われてしまいました。

というわけで今月末のワークショップ以降は、しばらく開催しません。

 

心はやめ上手

心に聞くってこういうことがしょっちゅうあって、意識では「まだ食べれるでしょ」と思っても「もういらない」とか、「ここからが本番だぜ!」と意識で思って意気込んでいたりしても「これで最後にする」とか結構ばっさりいろんなことをやめられます。

辞めるのがすごく上手ですよね、心って。頭で考えているときは全然やめどきってわかんないんですよね。

今回ワークショップこれで最後かと思うと「えーこんなにいいコンテンツなのに?もったいないよ?」とか「このワークショップを必要としている人はもっとたくさんいるでしょ!」とかすごく思うんですよ。

でも、それをいちいち心に聞いていくと、深く納得せざるを得なくなるというか、すごく腹落ちしちゃって「あ〜そうなんだ、じゃ〜しょうがないね〜」と思えるから不思議です。

人間って大抵、無駄なことを続けてしまう生き物なんだなぁ、と心に聞くを使い始めると実感させられます。要は執着が生まれちゃうんですよね。

心に執着はないので、いつでも「はい、今です!」という感じにやめどきを教えてくれます。

まあそんな「心に聞く」テクニックを使いこなすためのワークショップ、滑り込みで必要な方がいらっしゃったら是非お越しください。

 

じゃあ何をしよう?

と、まあこれも頭で思うわけなんですけど、とりあえずはカウンセラー専業でケースに集中しなさいよということみたいです。
ありがたいことにFAPカウンセリングは開始以降コンスタントにご予約をいただいてます(マーケティングも営業もしていないのに…あっ遺伝子は唱えた!)

私にとって仕事はとても大切なものなので、それがワークショップだろうがカウンセリングだろうがさせていただけていることを大切にしたいと思います。

f:id:micu_h:20170117092504p:plain

 

遺伝子を唱える?

全然話は変わるんですけど、遺伝子の話が出たので。
(遺伝子を唱える治療はこちら:FAPって、どんな治療をするの?猛者向け(1)〜遺伝子アプローチ〜 - ゆるんでいく日々

いや〜最近いろんな遺伝子を唱えすぎてなんの遺伝子が効いているのかわからない現象が起きています。FAPのカウンセラーあるあるw

実はわたし、この遺伝子を唱える治療あんま好きじゃなかったんですよ。自分がクライアントとしてFAPを体験していたとき、もう一つの脳アプローチの治療(FAPって、どんな治療をするの?猛者向け(2)〜脳アプローチ〜 - ゆるんでいく日々)の方が、その場ですごく不思議体験だし、なんか効いてる気がする〜!という感じで、心に「今日は遺伝子をやる」と言われると「え〜ハズレの回」みたいなw

でも、自分がカウンセラーになってクライアントさんに試していただくと、あれって大抵ご本人はわかんないんですよね〜変化が!でもこちらから見ていると「おお〜!えっ本当に効くの?すげー!」とビビりまして。笑 

そこから真面目に唱え始めました!(おい!)

といってもメジャーどころは基本的に自分の治療でも唱えていたので、今HOTなリーキーガットや、リミットレス、それから自分の変な症状に特化したものや、上級セミナーの時に大嶋先生に「開業しようと思ってるんでクライアントが来る遺伝子教えてください」と無茶振りを言って教えてもらった遺伝子など、色々試しました。

 

腸で味覚が変わる?

私は、一度に2、3の遺伝子を1ヶ月くらい集中的に唱えるという定着スタイルを取っていて、それがいい感じに習慣になっています。

最近感じるのは味覚の変化です。私はトウモロコシ系のスナック菓子のBBQ味が好きなんですけど、昨日食べたら「変な味!」と思ってしまったんです。すごく臭い!

リーキーガッドの遺伝子で味覚が変わる話はよく聞くんですけど、本当なんですね〜!(でも同じコーン系のチーズリングは普通に美味しいですw)

あとは、パートナーの仕事環境の変化で、月に20日くらいは1日1食生活にしようと思って始めてるんですけど、それもなんか関係あるのかもしれないですね!

 

ほかにも色々

もう一つ別のリーキーガッドちゃんも、すごく効いている気がします。
この遺伝子を唱えはじめて急に数年ぶりに本格的な風邪を引いて、そこからアルコール飲みたくない!となりました。もちろん直接的には風邪の体調不良で酒なんて飲んでられねー!というのが原因ですが、以前だったら習慣を強行していたと思うんです。(とはいえ飲んでおこう的な)

アルコールって腸に悪いのかな〜(悪いに決まってる)と思うと、スムーズに毎晩飲酒の習慣から抜け出せたのは遺伝子の効果かなとか思います。たまに飲むのはいいけど。

あとはずーっと運転が怖かったのも、なくなりましたね。今でもたまに怖くなる瞬間はあるんですけど、気がついたら忘れてる。どれが効いたのかわからないけれども、それ以外にも些細な恐怖を感じるシーンが色々と軽減しました。包丁も怖くなくなった。

うーん、どれが効いたんだろう?おもしろ〜いw

 

話が脱線しましたが…

こんな感じで今後ともよろしくお願いいたします。

ラスト・ワークショップでお会いできるの楽しみにしています!

(再受講の方は50%OFFです)

 

 

FAP療法のカウンセリング

リベレスタセラピールームでは最新のトラウマ治療<FAP療法>を使った心理カウンセリングを提供しております。神奈川県・二宮オフィスでの直接面談だけでなく、スカイプなどの通信面談にも対応しております。

<受付時間>
受付時間

広告を非表示にする