ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

「愛」という幻想からの脱却

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!大嶋信頼先生開発「心に聞く」&「FAP療法トラウマ治療」専門の心理カウンセラー原口実紅です。

 

FAPには実は10年以上の歴史があります。

FAPってなんじゃそれ?と言う方はこちら

liberesta.hateblo.jp

 

 

FAPの存在を私が知ったのは、「心に聞く」登場以降Ver.なのですが、その前からの歴史が、上級テキストに詳しくまとめられていて、それがすっげー面白い。 

FAPを進化させる大嶋先生の大興奮の探求の日々を追体験しているような感じで!

 

心に聞くって何?という方はこちら

LIBERESTA 〜心に聞くとは?

 

このFAP上級のテキストは本当にすごくてどのページもあますところなく面白いことが書いてあります。

また、私にとっては専門的すぎると思っていた疾患系のメカニズムについても、丁寧にわかりやすく解説してあって、ちゃんと覚えるとなんだかエキスパートになった気分を味わえます。

こんなに楽しくていいんでしょうか。

 

そして心に聞くにたどり着くまでに大嶋先生も相当な角度から臨床を試しておりあらゆる手を尽くして、最後に現れたのが支配の壁だったんだなということがよくわかります。

 

まるでRPGゲームのような感じで、目の前に出現する敵(症状)を倒していったら最後(?)に、うおー!こんなのきちゃったかー!みたいな。笑

 

本当に深部まで行っている感じがあります。

正直ここまで求めてないよ~って方も、いると思います。でも、ここまで求めていらっしゃった方にとっては「待ってました!」的な、画期的なバージョンに進化しています。

 

乱暴に言うと…

巷に溢れる、優れた、さまざまな考え方が最終的なところまでは、私を満足させてくれなかったのは、「結局、人は愛を求めているし、愛は必要だ」という幻想を壊してくれなかったからです。

(無意識さんと、初期仏教以外)

 

例えば、親に愛されなかったからACになったとか。

子供が健全な精神に育つには愛情が大切だとか。

オキシトシンは必要ですとかそういうのはあるけど)

「どうせ愛されてるし〜」と唱えるとか。

どんな時でも神の愛はあるのだから悩む必要はない、とか。

 

「愛が必要」っていうファンタジーを前提にしているものは、その幻想に浸かっていた私にとっては、すぐに受け入れられたし、しかも、その時は、楽になれるし、自分に優しくなれるし、人にも優しくなれるし、苦しい状態の私を救う麻酔のような役割にはなる。

 

じゃあそれでいいじゃん!と思ってしばらくやるんだけど、けれども、最終的に、求めるものはそれじゃない。

それじゃ、求めているものに到達できない、ということがうっすらわかってくる。

 

だからその時の私ってぱっとみ幸せそうで、ポジティブで、悩みから解放されたように見えても、それは悩んでないただのアホっちゃーアホで、本当に求めているものを手に入れた状態じゃない。 

 

だから、今だから言えますが、私が求めていたのは「悩みからの脱却」ではなく「幻想からの脱却」だったんです。ちーん。

 

本当に欲しいものは愛じゃない

そもそも、愛される必要ってあったんだろうか。

私は誰かから愛されないと、本当に満足できないんだろうか。

私が私らしくいるために、愛なんて、実は必要ないんじゃないか…?

 

愛なんてなくても、自分の好きな遊びを見つけて、夢中になってそれに打ち込んでもいいんじゃないのか。

愛なんてなくても、自分の好きなものを買ったり、好きなものを食べたりして幸せを感じてもいいんじゃないか。

(注:ここでの愛は「家族からの愛」、「神からの愛」、「無償の愛」、「アガペー」的な「愛」という意味で、いわゆる人に優しくするとか、助け合うとか、思いやりとか、動物や子供を可愛いと思う、などの感情とは違います。)

 

本当に欲しいものは、愛じゃないんじゃないか。

 

でもそれが必要だって思い込まされていて、それに執着しているから、自分のやりたいことがやれないんじゃないか。

 

愛が手にはいれば、なんかゴールなような気がして頑張ってきた気がするけど、そもそも愛なんて実は必要なくて、実は本当はそっちのルートじゃなくて。

 

愛が必要だ、という幻想から抜け出して、愛への執着を捨てて、いい加減、自分のやりたいことをやりたい!ということが、本当に欲しいものだったんじゃないか。

 

と思うんです。

 

ただ、その幻想に浸っている自分は、そのことがなんとな〜く、心の奥底ではわかっていても、なかなかその幻想を手放すことができませんでした。

 

だって、その幻想は気持ちいいし。そして、その幻想を手放すのは、怖いし。

 

だから、FAP(無意識さん)が必要だったんです。

 

うーん。

なんか…

危険なことを言っている…?そうでもない?

 

だから何が言いたいのかというと、ちまたで流行っているノウハウのほとんどは

「壊れにくい愛ここにありますよー」

「絶対になくならない愛ここにあるよー」

というような商品に私からは見えていまして、まあそのような商品が大人気になるのもわかる。

 

一方で、私が求めているものは「愛の幻想から脱却できますよー」という商品だったんです。

 

しかも楽に脱却できますよー!

なら、尚よし。

 

それが、FAPだったんです。

 

関連記事

liberesta.hateblo.jp

liberesta.hateblo.jp 

 

おしまい

f:id:micu_h:20161129124732j:plain

リベレスタの企画など

「心にきく」をマスターする!ワークショップ
心理療法FAPカウンセリング&個人セッション
  • 受付時間:土/日/月/火/水(13〜17時)
  • 詳細はホームページをご覧ください
アクティブリスニング(傾聴)勉強会
#31questionsオフ会
  • 1/15(日)みくしき自宅にて開催
  • 詳細・お申し込み先はこちらの記事
広告を非表示にする