読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

人に支配されない脳をつくる31日間ワークブック【29日目(第5週・1)】

31日間ワーク
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

いよいよ最後のテーマです。

あと数日、楽しくワークしていただけたら幸いです。

 

今週のテーマ「やりたいこと」

最後のテーマはやりたいことです。

 

やりたいことについて言いたいことはこの記事で全て言いました。

liberesta.hateblo.jp

長いので、重要なところを以下に抜粋します。

 

そのとき、そのとき、やるべきことをやっていれば、人生は絶対大丈夫です。

でも、人はやるべきことがわからない。

そのために、「やりたくなる」というサインを持っています。

やるべきだと思っていることは、やりたいことではありません。

やりたいことが、やるべきことだということです。

 

「やるべきこと」「やらなきゃいけない」って言葉は、

”我慢しない界隈”では何かとタブーとされている言葉ですが、

私はあえて、やるべきことがあると、思うんです。

 

でも、私たちは何がやるべきことなのかを知らないので、

やりたくなる、というサインを持っているんだ。

じゃあ逆にやりたくないことをやっている状態は何かっていうと、

それは心ここに在らずの状態です。

 

心ここに在らずで生きてたら、辛いです。

生きる主体が死んでるーって感じ。

それって生きてるって言えるのか、私はわかりません。

久々に味わうと、なんだか懐かしかったです。

トラウマ治療と、心にきくのおかげで、すっかり忘れていた感覚でした。

 ・・・

話を戻すと、やりたくないことは、やっちゃあかん。

その度に、魂が小さく死ぬ。

だから、やりたくないことは、出来るなら、やらないほうがいいです。

 

やりたくないことは、やっちゃいけないよって話。

 

こんな風に、やりたいことを追いかけていくだけで、

人生は面白くなります。

どんどん、本来の自分に、玉ねぎのようにむかれていく。 

その過程、旅路自体が、快感で、生きている喜びです。

 

そこには、脳(自我、意識、左脳)が喜ぶような安定や確実性は見事にないけど、ただ大丈夫感だけがある。 

 

これが、私にとって、「自由になる」ってことみたい。

 

というわけで、自由になるということは、

大丈夫になるということだと、思います。

 

大丈夫は、無意識さんワード。

では、さっそくワークに入りましょう♪

 

ワーク29:何がしたい?

今日のワークは、朝、昼、晩の計3回、心に質問をします。

(これを読んでいるのが夜なら、今、明日の朝、明日の昼、といった感じに。)

 

質問文「心よ!今、わたしは何がしたい?」

 

そして、帰ってきた答えを実行してください。

 

TIPS

  • 忘れそうだったら携帯のアラームとかかけておく。
  • 実行するのが難しいことを言われた時は…
    1. 「心よ、邪魔がありますか?」と確認してください。
    2. 邪魔もなく同じ答えだったら「心よ、もっと簡単なのにしてください」と言ってみてください。

 

これ、毎日やったら、そうとう面白いことになるじゃないかと思うけど…

誰かやってみて私に教えてくださいw

 

今日のワークは以上です。

明日のワークもお楽しみに^^

 

「心にきく」って何?という方へ…

心にきくとは、ただ「心よ!」と問いかけるだけで無意識の力を簡単に借りることができる催眠療法発祥のテクニックです。詳しくは下記をご参照ください。

 

おしまい

 

リベレスタの企画など

傾聴の勉強会

初心者・12/23(祝)、初中級者・1/9(祝)

心理療法FAPカウンセリング&個人セッション

受付時間:日・月・火・水(13〜17時)

ホームページはこちら)

#31questionsオフ会

1/15(日)みくしき自宅にて開催