読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

短期療法FAP(FAP療法)による心理カウンセリング開始のお知らせ

みくコラム 個人セッション 心にきく FAP
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

こんにちは!

心理カウンセラーの原口実紅(はらぐち・みく)です。 

 

お知らせ

このたびリベレスタの個人セッションに本格的なFAP*1での心理カウンセリングが追加されました。

 

 

どんな風になるの?

心にきくを使っている方で、こんなふうに思うことはありませんか?「心はそういうけどね…私もそう思うけどね…実際は難しい!

 

大丈夫って言われても…

心に聞くとズバっと自分の心の本音がわかります。

「パートナーと別れたい!」

「仕事辞めたい!」

「実家を出たい!」

「この場所から離れたい!」

「あれが食べたい!」

 

しかし、その声を聞いた時に、大きなことであればあるほど

「とはいえ、なんて言って周囲に説明しよう?」

「とはいえ、お金はどうするの?」

「今のままのほうが、いいんじゃないの?」

などと不安になることが多いと思います。

心に聞いても「大丈夫!」と言われるばかり…。

 

本当は、心の声に従いたい…!

これは、間違いなくその人の本音だと思います。

でも、それができたら苦労しないよ、って状況。

 

「このまま心の声を聞いてたら、世捨て人のようになってしまうかも!?」という焦りや不安で、心の声を聞くことが逆に辛くなったり…。

つまり、自由に近づけば近づくほど、支配者からの邪魔がたくさん入ってしまう状況です。

 

その先へ

人間ってシンプルで、自分の心に従えるようになったらすべての悩みが解決してしまうんですよね〜〜〜。

でも、心に聞いて、自分の本音がわかった。支配の状況がわかった。でも、「わかったはいいけど、つらい。どうすればいいのか?」「わかったはいいけど、行動が変わらない!」となってしまった時。

 

あるいは「もろもろ楽になったけど、この症状だけは、なかなか取れない!」「この部分は、良くなったり悪くなったりを繰り返してしまう!」ということがある時。 

 

クライアントさんの求める、その先の自由へ!

ということで開発されたのが今回のVer.のFAPなんです。

 

何をやるかっていうと

条件づけになっている支配から、脱却していくということ。

自力(努力や改善・気合い)では、一番難しいポイントです。

 

「あ〜支配!支配!これもいらん!あれもいらん〜!」と、バッサバッサ切り捨てていくと、アラ不思議!本当に、その人はどんどん本来の姿に戻っちゃう〜!どんどん自由になっちゃう〜!というカウンセリングです。

 

お医者さんじゃありませんので、使うのは「言葉」のみです。  その人の遺伝的要因、器質的要因にまでアプローチして、条件付けを切っていきます。(支配の条件付けは、実はそのあたりが関わっているのです。だから自力ではなかなか脱却が難しい。)

 

クライアントさんが「本当に求める」ものを見つけて、「それ以外はいらない」という無敵状態になることに、とことん、こだわった結果、生まれた療法なんですね。

 

背景にある理論などを学んでみれば、結構ガチな専門的治療だということがわかります。(真面目に勉強してきましたよ〜〜〜)

しかし!クライアントさんの負担になるような難しさやややこしさを一切感じさせない

非常にシンプル〜で、なおかつ楽し〜!療法です。(心にきくも使いますヨ〜)

 

楽に、たのしく、自由へ♪ 

そんな素敵なFAPの治療を、せっかく提供できるようになったので、ぜひ、体験してみてください♪

 

liberesta.hateblo.jp

 

liberesta.hateblo.jp

 

f:id:micu_h:20161121123308p:plain

 

 

おしまい

 

リベレスタの企画など

傾聴の勉強会

初心者・12/23(祝)、初中級者・1/9(祝)

心理療法FAPカウンセリング&個人セッション

受付時間:日・月・火・水(13〜17時)

ホームページはこちら)

#31questionsオフ会

1/15(日)みくしき自宅にて開催

 

*1:FAPは2001年に治療体系が出来上がった新しい心理療法PTSDの諸症状の改善や恐怖症の克服、パニック障害強迫性障害、依存症的欲求などの幅広い問題に対して、治療効果が認められる。前提になっている理論やメカニズムなどは、FAPを発見した大嶋信頼氏著書にも記述がある。ミラーニューロンがあなたを救う!など