読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

人に支配されない脳をつくる31日間ワークブック【8日目(第2週・1)】

31日間ワーク
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

1週間のワーク、お疲れ様でした♡

今日から2週目に突入します!

どんどん面白くなっていきます!(私が)

 

今週のテーマ「過去」

今日から7日間は「過去」をテーマにしたワークを用意しました。

週の初めなので、まずテーマについてお話しします。

 

 「過去」、実はそれ「記憶」です。

過去が変われば、今が変わり、未来が変わります。

過去を変えることで、今をよりよく生きられます。

けど、「過去を変える!」なんてSFの世界の話?

タイムマシンでもない限り不可能!と感じるかもしれませんね。

 

実は、私たちが過去と呼んでいるものの実態は「記憶」です。

「過去を変える」じゃなくて、「記憶を変える」というと、

なんだかできそうな気がしませんか?

 

記憶は、感情と出来事のセット

ものすごく簡単にいうと、

記憶とは「出来事」と「感情」がセットで保存されたものです。

そのため、強い感情が乗っている記憶はよく思い出せますし、*1

どうでもいいことはすぐに忘れます。

そして一切感情を動かされなかった場合は、記憶されません。

 

そして記憶は感情によって歪みます。

そのため、インチキだったり、あいまいだったりします。

 

無意識さんに眠っている過去

一方、まったくのインチキなしの

「ありのまま」が保存されているところがあります。

それが、無意識という領域です。

 

そして感情が乗って歪んでしまった「記憶(=過去)」を、

無意識の「ありのまま」の状態に近づけていけばいくほど、

「過去」に影響されることや、「過去」に振り回されることが、

少なくなっていきます。

 

過去を変える方法 

私たちが思い出すことのできる記憶は、感情が強く乗ったもの。

そこで、その記憶に対しての「今のあなたの感情」を、変える。

葛藤をなくしていく、整理をつけていく。

これが過去(記憶)の変え方です!

 

そうすることで、自然と記憶が「ありのまま」に近づいていく。 

「今のあなた」が、あなたの過去を、変えるんですよ〜。

 

そんなわけで今週のテーマは「過去」

心(無意識)の力を借りて、自分の過去をもういちど捉え直してみましょう。

といっても、大げさなことや、大それたことは一切不要。

リラックスして気楽に取り組んでみてください。 

そのことが、知らないうちに「今」のあなたを変えていきます。

 

ワーク8:この1年の出来事

1、この1年間で、あなたにとって重要な出来事BEST3を書いてください

 

  1. ____ 
  2. ____ 
  3. ____ 

 

 

2、心に確認しましょう。

心よ!これがベスト3でいいですか?

 

3、 ベスト3それぞれの内容について、心に聞いてみましょう。

心よ!この出来事は今の私にどのように影響を与えていますか?

 

今日のワークは以上です。

お疲れさまでした。

 

「心にきく」って何?という方へ…

心にきくとは、ただ「心よ!」と問いかけるだけで無意識の力を簡単に借りることができる催眠療法発祥のテクニックです。詳しくは下記をご参照ください。

 

 

おしまい

 

リベレスタからのお知らせ

心にきく《マスター》ワークショップ

心にきくを1日でマスターする!(詳細はこちら

  • 11/10(木) 神奈川・二宮駅(満席)
  • 12/23(祝) 小田原・徒歩2分(残席6)
  • 1/9(祝) 小田原駅・徒歩2分(残席6)

心にきく《スペシャリスト》ワークショップ

マスター受講した方限定!人と心をつなぐスキルを体得!(詳細はこちら

  • 10/30(日) 神奈川・二宮駅(残席3)

*1:海馬の近くの扁桃体という器官の働きで、喜怒哀楽といった感情が伴うと覚え易くなる。海馬が受ける刺激が強ければ強いほど長期記憶になりやすい。