ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

わからないということを、わかるのが大切だから、やっぱり意識は大切だ。

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

心理カウンセラーのみくです。

わからないということが「わかる」

ということの大切さについて。

 

「わかる」というのはつまり、

「意識が納得できる」ということで、

精神的向上の類は、

いかにして意識を納得させるか?の手法だ。

で、「なに」を納得させるのか?というと、

それは「わからないということ」である。

 

精神的向上の類は、そのことに尽きるんだな。

(精神的向上=自分の苦痛度を下げ、幸福度を上げるための活動)

 

「わからないということ」がわからない(納得できない)ままだと、

その人の幸福度や苦痛度は、なにも、変わらない。(苦しいまま)

 

わからないということが、わかってくると、

そんなに心配しなくていいんだ、とか

頑張りすぎなくてもいいんだ、とか

わかってくる。

 

自分を責めることもなく、

人を責める必要もなくなって、

なんだ意外と何もかもが、

大丈夫なんだとわかってくる。

 

だからやっぱり意識って大事だ。

意識=わかる(納得する)というはたらき。

 

分からないことがわかってくると

悩み苦しみから解放されていくので

その人の言動に落ち着きが感じられるようになる。

 

ぎゅっと握りしめる(執着や後悔など)ものがないから

いつでもリラックスしていられる。

 

そしてどんなことがあっても対処できるという

根拠のない自信がある。

 

わからないことをわかっている人か?

わからないことをわかったふりをしてるけど

本当はわかってない人か?は

自然な「落ち着き」と「自信」が

備わっているかを見てみたらいい。

 

それは明るさとか、感情の豊かさだとか、激しさなどの、

その人の個性とは関係なく、

言動の根底にある、落ち着きと自信と謙虚さです。

 

ただ意識を完全に納得させて「わかって」しまった人というのは

つまるところブッダレベルなわけなので、

たいていの人は「わかろうとして」訓練している仲間です。

 

苦悩の減少と幸福の増加

それによる落ち着きと自信

 

これらを手に入れるための手法のひとつが

「心にきく」です

言葉と意識を使うので、現代人にはとってもお勧めの、

わからない、をわかるための、訓練方法です。

f:id:micu_h:20161213110135p:plain

やりかた:LIBERESTA 〜心に聞くとは?

 

訓練といっても苦痛なことや危険なことは何もなく、

楽しく、遊び感覚で続けるだけで、

本来の落ち着きと自信が手に入ります。

 

あ、そうそう。

落ち着きと自信と、あと謙虚さ。

謙虚さについては、他者への敬意とも言い換えられる。

 

 

おしまい

 

リベレスタからのお知らせ

心にきく《マスター》ワークショップ

心にきくを1日でマスターする!(詳細はこちら

  • 10/22(土) 東京・四谷三丁目駅・徒歩2分(残席1)
  • 11/10(木) 神奈川・二宮駅(残席3)
  • 12/23(祝) 小田原・徒歩2分(残席6)

心にきく《スペシャリスト》ワークショップ

マスター受講した方限定!人と心をつなぐスキルを体得!(詳細はこちら

  • 10/30(日) 神奈川・二宮(残席3)

心にきく・秋の大復習大会

詳細はこちら

  • 10/23(日) 神奈川・二宮(残席3)

こころよ個人セッション

詳細ホームページ(神奈川県二宮町にて原口実紅のセッション受けられます)