読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

私は「邪魔」を取るのが好きかもしれない

みくコラム 心にきく
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

「心にきく」メソッドには、

邪魔っていう概念があります。

 

邪魔とは? 

心とのつながりを、支配者に切られてしまった時。

そのことを「邪魔」とか「妨害」と表現するんです。

 

心の声が聞こえない、聞こうとしてもモヤモヤする。

そんな時が典型的な邪魔ですが、それだけではありません。

 

ふとした瞬間とか、

何かをしようとした時とか、

ある場所に行こうとした時とか、

ある人から何かを言われた時とか、

何かを見た時とか、読んだ時とか。

 

心臓がばくばくしてきたり、

息が苦しくなったり、

だるくなったり、

悲しくなったり

怒りが湧いてきたり、

耳鳴りや頭痛がしたり、

息苦しくなって呼吸が浅くなったり、

体に力が入らなくなったり、痺れたり、

それらも邪魔なんですね。

 

邪魔を取るのが好き

もちろん、その不快感自体は、好きじゃないですよ!

さすがに。

 

でも、それを心に取ってもらうのが結構好き。

 

「邪魔を排除してください」と言って、

少し、それが軽くなったのを感じるのが好き。

 

「邪魔を排除してください」を重ねて言って、

どんどんそれが軽くなっていくのを感じると、

なんだかすっごく嬉しくなってしまう。

 

ああ本当に、この不快は私のものではなかったのだ、ということ。

ああ本当に、心は、どんな時も私を助けてくれるのだ、ということ。

 

その両方が、同時に感じられるって、

「邪魔」って、なんて素敵なんだろう。

と私は思うのです。

 

そう思えるようになったのは本当に最近だけど。

邪魔を排除して、すごく嬉しくなってしまった時って

変に覚悟が決まっているというか、

「やるなら、やれ」っていう落ち着き払っている部分があって、

心がすっごくいいことを言ってくれたのを聞けたりして、

「ああ、オーケイ」って思えたりするんです。

だから邪魔を排除するのが私は大好きなんです。

 

みなさんが教えてくれる邪魔

育成WSで、「邪魔とお友達になってください」っていうと

「さすがにそれは無理~」とかって言われてしまうことも多くて

私もその気持ちはすっごくよくわかるんです。

 

そして中には、この邪魔が嫌だ〜ってなってしまい、

心に聞かなくなってしまったりも、するのです。

それを見て私は「あー、邪魔のねらい通りだなぁ、すごいなぁ」と思います。

(感心してる場合じゃない)

 

一方で「邪魔の排除がすごく便利で使える」っていう人も一定数いて、

「心との会話より邪魔の排除をよく使います」って聞くと、

すごいなぁ~とか感心してしまったり。

 

皆さんから、私もいろいろ教えてもらっているんだなぁ。

 

本当に心にきくWSを始めて、たくさんみなさんに教えてもらっています。

どんどんナレッジがたまっていき、面白さが加速していく。

「そっか〜そういう認識でいけばいいんだな〜」とか、

わかって、心とどんどん仲良くなっていきます。

 

邪魔に慣れる

まあ、好きか嫌いかは別にどっちでもいいんです。

とにかく先ほども言いましたが、「邪魔に慣れて」ということを

スペシャリスト育成WSでも、お伝えしています。

 

伝え手になるということは、

相手の邪魔も見えたほうがいいし、

自分の邪魔も気軽に取れたほうがいいです。

 

つまり、これをやっていくとどんどん自分が自由になって、

自分の心へ信頼感が増していく、ということです。

 

伝え手になるって、別に誰でもなれるんだけど、

すっごい試される面もあるのかもしれない。

 

自由になりたいのか?ってことを。(もちろん、なりたいんですけどね!)

 

何の話だっけ。

そうそう、伝え手になる=邪魔に慣れる=心への信頼感が厚くなる。

つまり、心を信用できるようになるために、邪魔も必要なんです。

 

ハードルを、少しずつ、高くしていくと、

いつのまにか高いハードルが越えられるようになる。

 

f:id:micu_h:20160805203927j:plain

 

ブッダだって解脱する時にマーラに邪魔されてたし

イエスだって、荒野でさまよってた時に悪魔にそそのかされてたし。

 

この二人と一緒にしてはいけないのかもしれないけれど、

やっぱり、邪魔のないところに自由はないのかもしれない。

 

邪魔されたくなかったら、

不快な思いをしたくなかったら、

誰かに都合のいい自分でいればいい。

 

でも不快から逃げていたら、きっと、ずっと自由にはなれない。

 

あ、でも不快から逃げないって、

ずっと不快を感じていろっていうのは違いますよ!!

 

ちゃんと心に、不快を取り除いてもらってください。

その思考も、感覚も「自分のものじゃない」ってことを

心に教えてもらってください。

 

その習慣が、どんどん人を強くしていくのを、私は感じます。

 

人は、

邪魔の排除をするたび、

自由になり、

どんどん強くなっていきます。

 

次々と、守るべきものが、無くなっていきます。

体のこわばりも取れ、しなやかになっていきます。

 

風が体を通り抜ける、さわやかに。

 

あなたは、あなたじゃない

「今のままの、あなたでいいんだよ。」なんて

ある意味では、たまったものじゃないわけです。

今のあなたは、あなたではないのかもしれないから。

 

だから邪魔があることを、恥ずかしく思う必要も

嫌に思う必要も、未熟に思う必要もありません。

 

淡々と、排除してみてください。

邪魔は本来のあなたから遠ざかったサインです。

サインがなかったら、気付きようがないですよね。

体の痛みと、同じです。

 

今日はなんとなく、邪魔について語りました。

 

気になる方はこちらをどうぞ

心にきくについて、

今日お話しした邪魔について、

気になる方は、1dayワークショップにお越しください。

 

1日がかりで、心にきくをマスターしていただきます。

道具も時間もお金も必要ない、一生もののスキルです。

 

 

f:id:micu_h:20160804204337j:plain

 

 

おしまい

九州(福岡)開催

  • 9/10 心にきくワークショップ
  • 9/11 心にきくスペシャリスト育成ワークショップ

 両日ともに、満席となりました。

心にきく《マスター》ワークショップ

自分の心の声を聞いて自由になっていきたい方(詳細はこの記事)

  • 9/18(日) 神奈川県・小田原(残席12)
  • 9/25(日) 東京・渋谷区周辺(残席12)

こころよ個人セッション

詳細ホームページ(神奈川県二宮町にて原口実紅のセッション受けられます)

広告を非表示にする