読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

私の周りにあったWe。〜アリ、小さな宇宙人〜

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

WeプロジェクトのAliとの出会いは

SUSANOOと呼ばれるソーシャルスタートアッププログラムだった。

 

Aliと会うのは去年夏の、SUANOOの発表会ぶり。

 

Aliに再会したその日、私はヤバヤバ状態だった。

何がヤバヤバかというと、金だ。

金がない。

金がないのにレイキのアチューメントに7万円払ってしまった。

あー、あれも、これも、払えない。

でもお金がなくて死ぬなら、

最後までやりたいことに使って死にたいと思った。

 

直感力が半端ない私のレイキの先生には、

「大丈夫、あんまり、あなたのこと心配してない。絶対なんか起こるから。」

「お金のために就職とか考えない方がいいと思う、それ無駄になる。」

「会社員向いてないし。カウンセラーだよ、みくぼっくるは。」

(レイキの先生は私をみくぼっくると呼ぶ)

「とにかく、やりたいくないこと、やんないほうがいいよ

「お役目の仕事をやってるときは、低空飛行にはなるけど、絶対0にはならん」

 

私「まだお役目が始まってないってことですかねぇ…」

先生「いや、違うと思う。でも何か、ブロックしてるものはあるのかも。」

 

などと、力強いメッセージや示唆をいただき

「それでこそ!!!!!」っていう感じになりつつ

「でもおお不安不安不安だけどぉおおお」というヤバヤバな気持ちはありつつ

 

「まあでもなんか、なんかある。絶対なんか、これはなんか意味ある。」という

根拠のない確信を持ってその場を後にした。

 

そのアチューメントの直後、

たまたま東京に来ていた私たち。

たまたま東京にきていたAli。

すぐ、会いたいと思って、連絡したのだ。

 

私「Ali、私たちいまヤバイ。金がない。全部使っちゃった。」

 

そんなことをざっくばらんに相談してみた。

 

Ali「使っちゃったってことはある意味、流れがいいってことよね。」

 

私「そうなの!!でも入ってこねー!」

 

Ali「なんかブロックしてるんかな?」

 

私「うん。私もそう思う。

  金がないってことは、なんかのメッセージだと思ってる。

  なんか起きるぞ、起こしてやろう、っていう。

  揺さぶりをかけられてる。

 

  っていうのは金があったら、私今日も、多分Aliに連絡しなかった。

  人と会うの億劫だなとか、(つまり自分つくろうの億劫だなってこと)

  でも余裕なくて、ヤバヤバで、「Ali!Aliに会わなきゃ!」っていう感じ。

  疲れとかも関係なくて、ただ体を動かして。

  それって「金がない」っていうおかげだって思う。

 

  「金がない」にはすごいパワーがあるね。

  でもないものはないんだけど、ヤバイんだけどどうしよう?」

 

Ali「今やってる「心にきく」やつは、やってて楽しいん?」

 

私「めっちゃ楽しい!もうほんと、やればやるほど。

  同じ内容、毎回言うの飽きないかなぁとか思ってたんだけど

  全然そんなことなかった!

  私もっとこれを広めたいんだよね。

  でもお客さん、そこまでこない。

  ある時ばーっときて、席埋まって、よっしゃと思ったんだけど

  でもぱたっと止まって…金がなくなって…

  どうすればいいんだろう、って思ってる」

 

Ali「ほんならもう、『私が先生、みんなに教える』みたいなんじゃなくて、

  みんなも教えられますー!伝えられますー!ってオープンソースにしたほうが

  ええんちゃうかなぁ?

  テキストとかもあげますー!すきに使ってくださいーみたいに。

 

私「!」

 

Ali「そしたら、直接金になるっていうんじゃないお金の回り方するっていうか

  なんかわーっと。

  そのわーっとお金が回ってみんなでぐるぐるして、っていう体験

  したことないんやろ?

  自分がなんか与えて、交換で、お金もらうっていうのしか。」

 

私「そう!それしか、知らない。

  だから、思いつかない!

  『私、特別にならなきゃ!じゃないとお金もらえない』とか

  私に価値があって、それをみんなにわからせなきゃ、お金になんないとか

  すごい思ってるわ〜!私!

  でもそれって本当はぜんぜんやりたくないの!

  全て金のため。

  だから「誰でもできます!」「簡単です!」っていうのも伝えたくて、

  そこがちぐはぐになってたわ。

  本心で言えば、「誰でもできます!」「みんなやって!」っていう方だし

  それだけ伝えたい!それで逆に回るのかよ!

  うわーーー発想の転換!リフレーミング

  (好きなことだけやってうまくいくってそういうことかー!)

  本当、「私は教えるのうまいです!」っていうのが、

  お金のためには、言わなきゃと思ってた。

  「だから教わりにきてください!」っていうのじゃなきゃって。」

 

Ali「ちゃうねん!

  俺はいかに、自分が普通でいるか、素人でいるかっていうのを

  心がけてる。

  みんなが特別で、それが普通やー!って。

  だから「こんな普通な私でもできてます!」「みんなもできます!」

  「どんどん広めてください!」でええのよ。」

 

私「目からうろこー!確かにそうだよね!もう私、そうするわ!

  だってそっちのほうがやりたいことだもん!!

  独占するとかあほらしい〜し。

  くそー!!!!そうだったのか!」

 

そして私にはビジョンが見えた。

現代社会のなかで、サラリーマンも、自由業も、

男も女も、北海道でも沖縄でも、

みんな心に聞いている。

心とつながっている。

そのパイプを太くしてく。

意識と無意識が、手を取り合って美しい現実を、作っていく!

(そしてそれは実現可能なのだ。だって簡単で誰でもできるから!)

 

 

帰りの電車でこの記事を書いた。

 

 

Ali、あり…!(ありがとうの寸止めです)

 

お金がなくてよかった。

お金がないって、すごいパワーがある。

お金がない方が私は動く!

 

で、そこからフローの波が止まらない。

Aliいわく、フローに入ったら「ヤババババきゃっほー」と

ただその波を乗りこなすだけでいいらしい。

 

毎日、奇跡が起こる。

いやきっと、毎日奇跡は起こってたんだ。

金が、ねぇ。

そのおかげで私は奇跡を知って、

その奇跡にただ乗る。

 

それは普通のことだった。

私が特別だから体験できたわけではなかったのだ。

\柄の激しい2人/

f:id:micu_h:20160604120052j:plain

 

そんなAliとの対談barを東京で開催する。

7月の新月の夜だ。

 

その名も 心よむBAR @tokyo

 

対談というとなんか大げさだけど

「We」と「心よ!」のコラボである。

この二つは同じようなことを言っているのだ。

全て知っている自分がいる。

そしてその自分は全てつながっている。

それを、Aliは「We」「うちら」と呼んでいる。

私は「心」「無意識さん」と呼んでいる。

 

楽しい夜になりそうだ!

barというからには、酒が飲める。

酒が、飲める。

(2回言った)

 

ぜひ遊びに来てください。

詳細は後日、お伝えします!

 

 

あ!

 

7月、東京・千駄ヶ谷にて、ワークショップ開催決定しました。

東京が便利な方はそちらにご参加ください。

 

あと、

7月24日のフォローアップの回(メルマガでお知らせしている件です)

心にきいて、サウンドヒーリング!(第1回フォローアップ会開催)

そちらで、「心にきく、の伝え方」のプロトタイプVer.を提供させていただきます。

各種ワークショップなどで気軽に取り入れられるよう、

「心にきく」を家族・友人などの、ひとに伝える時に

押さえるポイントをお伝えします。

 

お申し込み方法はメルマガ参照してください!

 

あ、

 

あと、

(もう本当にいろいろ動いてます!)

大阪でも開催する可能性が濃厚です。

そちらでは、「心にきく」伝え手育成プラグラムも実施予定です。

関西の方は…お楽しみに!

 

 

おしまい

 

▼心にきく!のワークショップについてはこちら

なぜ『心にきく』だけで人はこんなにも自由になってしまうのか?

 

ワークショップ日程

申し込みはこちらから!

  • 6/12(sun)13:30- @小田原    満席御礼
  • 6/18(sat)13:30- @二宮    残席3
  • 6/26(sun)13:30- @二宮     残席3
  • 7/3(sun)13:30- @東京(千駄ヶ谷) 残席6
  • 7/16(sat)13:30- @二宮 残席4
  • 7/23(sat)14:30- @小田原 残席6
  • 9/10-11 @福岡(天神) 詳細は後日!

 

広告を非表示にする