読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

SNSで投稿したり投稿を見たりするだけで、脳内では実際に相手とのコミュニケーションが発生している!

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

その存在に聞いちゃえコーナー、最後の記事です!

いつも楽しみに読んでいます、ありがとうございます。その存在さんはSNSについてどう思われますか?facebookなどを見ていて、面白い記事だなと思うものもあるのですが、読んで心がもやっとしてしまい見なければ良かったと思うものもあります。少し距離を置こうかなーと思っても、ついついチェックしてしまいます。
Riwaさんより)

 

「こんにちは。

 

SNSというのは、別に目新しいものではありません。

エネルギー的に見れば、大変ありふれたものです。

 

つまるところ、なんでしょうか?

もう一つの現実(蜃気楼)です。

 

SNS上で、誰かの投稿を見る。

これは、エネルギー上では、

その人と会って話すのとなんら変わらない交流が起こるのです。

投稿を見た人と、投稿した人とエネルギーが交わります。

 

自覚はなくても、脳内でコミュニケーションが発生します。

例えば、自分のした投稿に、とても攻撃的なコメントがついた。

そのコメントの存在を知らなくても、投稿者の脳は攻撃を受けるのです。

 

ネットワークではなく、実際の交流の場に行くとします。

その時にも、ある人と話していて面白い話だなーと思う時もあれば、

別の人の話に、もやっとしてしまうこともありますよね。

 

エネルギーの流れ方で言えば

それを自宅ででも、どこででもできるようになった。

物理的には部屋に1人でいる時でも、

その交流会ができるようになった。

というだけなんです。笑

 

だから、これを危険なものか?安全なものか?を議論するのも

とってもナンセンスなんですね。

社会は危険ですか?安全ですか?その時々ですよね。

その結婚式の2次会は安全ですか?安心な人だけの集まりですか?

こんな質問はナンセンスですよね。

 

たくさんの人がいるところには、

いろいろな人がいるのです。

ただ、それだけです。

 

その中でどのようなスタンスでやっていくのか?

このことを、あなたたちは子供の時から常に、

いろいろと学んだりしながら見つけてきましたね。

 

基本的にはそれとなんら変わらないということです。

 

あなたは、人との交流がお好きですか?

それも好みなんですね。

交流が大好きで毎日パーティーに出かけたい人もいれば

1人の時間が大切であまり交流が好きじゃない人もいれば

何年も人里に降りずに山にこもっていたい人もいます。笑

 

その好みは分かり合う必要もないのです。

だから、SNSに参加するペースも人それぞれですし

関わり方も人それぞれなのです。

 

さてでは、なぜ質問者さんは距離をおこうと思っているのに、

なぜついついチェックしてしまうのでしょうか?

 

パーティに行くといろんな人がいるとわかっているのに、

なぜついついパーティに出かけていってしまうのでしょうか?

 

そのことを考えてみると面白いかもしれません。

もしかしたら出会いが欲しいと思っているのかもしれません。

刺激がほしいと思っているのかもしれませんし、

人恋しい、寂しいのかもしれませんね。

 

とにかく、SNS上で起こっていることは

現実で起こっていることと、大して変わりません。

全てはエネルギーです。

エネルギー上では、パーティやお茶会をしているのと変わりません。

 

現実も同じなのです。

「実際に会っている」とお互いが「脳内で思っている」だけなのです。笑

このことを話しだすと話がそれてしまいますので、やめます。

 

とにかく、SNSといっても、バーチャルなように見えて、

発信するだけでも、見るだけでも交流は起こっているのです。

そのことを自覚していただければいいかと思います。

 

あなたたちを心から応援しています。

ありがとうございました。」

 

f:id:micu_h:20160509122214j:plain

 

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp