ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

「あなたたちを支配・コントロールしている存在がいます。」あなたはこのことを、信じられますか?(私は半信半疑です!)

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

~春の・その存在に聞いちゃえ祭り~

はじめまして。楽しくブログを拝見しています。

記事の中によくでてくる「支配者」というのはどういう存在なんでしょうか?

大嶋信頼さんの本も拝読しましたのでなんとなくはわかるのですが・・・。

読み方によっては「オカルトの陰謀説」みたいな風に読めなくもなく(貨幣経済のあたりとか)。

例えば、支配者というのは個に属するものではなく、そういう支配的な思考回路とか、エネルギーの方向性みたいなものを指すのかな?と思ったり。。。

ただ、生まれながらに真実が違う3タイプがいるという考え方は、自分の中の長年の疑問をかなりクリアにしてくれたと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

(のぶさん より)

 

はい!ありがとうございます〜。

 

まず私からお伝えしたいことがあります。

 

3つのタイプのうちの1つの「支配者」

(私心とつながるワークショップでお伝えしている話です)と、

 

その存在がメッセージで言っている

「あなたたちを支配・コントロールしている存在」は、まったく別の話です!

(ややこしくてすんませ〜ん^0^)

 

ワークショップで説明している「支配者」は、

あくまで心理療法の臨床で、クライアントの無意識に聞いて判明した話です。

 

逆にその存在が言っている「あななたちを支配・コントロールしている存在」

いったい何を指すのか?は、その存在に聞かないとわかりません。

ですが、こちらがいわゆる「オカルト陰謀論」の「支配層」のことだと思われます。

 

とにかく私は、この2つの概念は、基本的に別物だと思っています。

(関連性は感じていますが

 

では、この前提をお伝えした上で、

「支配・コントロールしている存在」については、その存在に聞いてみましょう!

 

「支配者の方も知りたい!」と思った方は、心とつながるワークショップへGO!

 

 

「こんにちは。

 

あなたたちを支配・コントロールしている存在について

私たちがあなたたちにお伝えする時は、細心の注意を払っています。

 

何をどんな風に、どのように伝えるのか?ということです。

 

なぜならば、あなたたちをむやみに恐れさせたり

怒らせたり、悲しませたりすることは、

目的から大きく離れていることだからです。

 

では伝えなければいいじゃないか?と思われるかもしれません。

 

しかし、それはできないのです。

 

檻に入れらていることに自覚のない誰かが、

それを知らないまま檻から抜け出すことは、

極めて難しいからです。

 

それは例えるならば、

初めから負けるよう八百長が仕組まれている試合で

勝とうとするようなものだからです。

 

わかりますか?

 

あなたたちを支配・コントロールしている存在がいます。

 

このことを、信じられますか?

普通は、嫌な気分になりますね。

そんなわけはない!と思いたいと思います。

私は自由だ!自分の人生を決めてるのは自分だ!と。

 

それこそがコントロールなのです。

もし信じられないのであれば、まずはそこからなのです。

 

しかし、あなたたちに信じてもらうために、

それらの存在たちが行っている具体的な行為を暴いたり、

証拠を並べたりすることは、必要以上にはしないのです。

 

それをしてしまうと、あなたたちは

あなたたちを支配・コントロールしている存在に

怒りを覚えたり、恐怖を覚えたり、不安を覚えたりするからです。

 

陰謀論」の目的は、そこにあるのです。

あなたたちにどうしようもない怒りや諦めを植えつけたいのです。

 

しかし、では陰謀論はまるっきり嘘なのか?というと、

残念ながら、そうではありません。

 

あなたたちを支配・コントロールしたい存在は、本当にいるのです。

 

陰謀というと、なんだか大層なことのようですが、

簡単に言うと「洗脳」ということなんです。

 

いいですか。

 

債務の貨幣経済を作るのも

医療や食糧を支配するのも

それ自体が目的ではないのです。

 

あなたたちの「頭の中」つまり「思考」を

支配コントロールすることが目的なのです。

 

わかりやすく言えば、あなたたちの頭の中を

「不安でいっぱい」にすることが目的なのです。

 

なんのために?

それは、あなたたちの出すネガティブなエネルギーが必要だからです。

 

ですから、私たちは、あなたたちを支配コントロールしているのは誰か?

具体的にどんな手段を使うのか?その目的は何なのか?どんな存在なのか?

という情報をお伝えする時には、細心の注意を払うのです。

 

あなたたちの頭の中を「不安でいっぱい」にしたくないからです。笑

ネガティブなエネルギーで、陰謀を応援したくないからです。笑

 

それに、言う必要もないのです。

なぜなら、檻から出るために必要なのは

「あなたたちは檻に入っている」ということをお伝えするだけで十分なのです。

 

そして、それを信じられないというのも洗脳ですよ、ということも

お伝えしておけば、もうそれで十分なのです。

 

「そうですか、じゃあ私は自由になりたいので、檻から出ます」

と思った方だけが、そのようにしてくだされば十分なのです。

 

檻から出るためには

我慢をやめて好きなことをしてください。

 

思考が先、現実が後、と知ってください。

思考を誰かに預けるのではなく自分のものにしてください。

 

ハートにナビゲートしてもらってください。

 

全てそれでうまくいきます。

何度も角度を変えて、これからもお伝えしていきます。

 

どうか頭の中を「お花畑でいっぱい」にしてください。

 

あなたたちを心から応援しています。

ありがとうございました。」

 

f:id:micu_h:20160422155255j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp