ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

<超図解>わたしとあなたの世界の仕組み

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

春の!その存在に聞いちゃえ〜祭り

自分の現実は自分で作っている事が最近良く解るようになりましたが。パートナーや他人の見ている世界との関わりはどうとらえていったらいいのでしょうか。

例えば住んでいる町全体も自分が作っているのか他人との共同の創造なのか・・よろしくお願いします。

(山崎さんより)

 

 

「こんにちは。

 

このことを理解していただくのは少し大変かもしれません。笑

しかし、やってみましょう。

 

自分が見ている世界と、他人が見ている世界の関連性については

このように説明出来るかと思います。

 

あなたたちは、現実(世界)はこのようなものだと思っています。

 

(例:あなたがいて、私がいて、この子がいる。)

 

f:id:micu_h:20160422171404j:plain

 

 

しかし、これは嘘っぱちなんです。笑

 

こんな現実(世界)は、どこを探しても

宇宙の果てまで探し回っても存在していません!

 

 

では実際の、現実(世界)とは何なのか?

それはこのようなものなのです。

 

f:id:micu_h:20160422172232j:plain

 

そうです、私の認識しているモノです。

それが実際に存在する、世界です。

 

(目(視覚)だけではありませんが、わかりやすく表現しました。)

 

つまり、実際は存在(認識)の数だけ世界が存在しているのです。

f:id:micu_h:20160422173237j:plain

あなたにとっての世界は1つしか存在しません。

 

これが「現実(世界)を作っているのは、自分」という話です。

 

では、この状態(↓)は何なのでしょうか?

 

f:id:micu_h:20160422171404j:plain

 

これは、「頭の中」にしか存在しない「虚構の世界」なのです。

実際には、世界はこのような形では存在しません。

 

世界の存在の仕方としては、これ(↓)だけなんです。

 

f:id:micu_h:20160422172232j:plain

 

この女性が目の前に子供が「(頭の中で)いると思っている」し、

男性が目の前に子供が「(頭の中で)いると思っている」ので、

2人の前に「同じような」子供がいるのです。

(しかし同じではありません)

 

仮にどちらか1人が目の前の子供が「いない」と思うと、

その人の前から目の前の子供は、消えてしまいます。笑

 

しかし、なかなか「いない」と思えないですよね。

だから「いる」のです。笑

 

なぜ「いない」と思うのが難しいのか?

「頭の中」はつながっているからです。

「頭の中」はネットワークのようにつながっています。

(「頭の中」というもの自体も、虚構ですが)

よって、あなた独自の「頭の中」というのは存在しないんです!

 

分離したエゴだけでは、コントロールできない領域です。

 

どういうことかを、ご説明しましょう。

 

旅先で目覚めた時に、半分寝ている状態で

「ここは自宅の寝室だ」と思っていたことはありませんか?

 

しかしよく目を凝らして部屋を見ると、ホテルの一室だった。

 

これは、あなた(エゴ)がすっかり忘れていても、

頭の中では「旅行に来て、ホテルに泊まった」ということを

信じていて、そのようになるのです。

 

つまり、あなたが一緒に旅行に来た相手の頭の中

ホテルのスタッフの頭の中、新幹線で乗り合わせた人々の頭の中

みんなで、その状況(暗示)を作っているからです。

 

もし万が一、全員の頭の中(暗示)ごと

「旅行に来て、ホテルに泊まった」ということを

忘れてしまったらどうなるのか?

 

起きた時には、あなたは自宅にいて、

あなたは何も気づかず、その日を過ごします。

 

エゴには、実際に何が起きているのか、わかりっこないんですね。

 

さて

とても説明するのが難しく、抽象的な話になりました。

 

ともかく、頭の中は虚構です。

 

このご質問の「住んでいる町全体」という言葉がそれを表しています。

それはどこにあるのですか?

どこからどこが、全体なのですか?

 

頭の中の、虚構なのです。

 

しかし、この虚構も、頭の中には存在するのです。

集団催眠状態のようなものでしょうか

だから存在するように思うし、非常に馴染みがある感覚がするのです。

実際は存在しません。

 

実際に存在するのは、これだけです。

f:id:micu_h:20160422172232j:plain

 

最後に一つ、お伝えしなければならないことがあります。

 

言葉や概念の制約があり、説明するにあたり不足があります。

実際の状態を体験していただくのが一番よろしいのですが…

それは徐々に、ということにしておいてください。

 

ともかく、これだけ。

f:id:micu_h:20160422172232j:plain

この見えている世界が、あなたのハートの反映です。

 

それは、鬱々とした、灰色の景色ですか?

それとも、美しい彩りの景色でしょうか?

その景色が、あなたです。

 

苦しくて辛い世界が見えますか?

甘くて優しい世界が見えますか?

その世界が、あなたの心そのものです。

 

それが世界の全てです。

 

あなたたちを心から応援しています。

また何か、わからないことがありましたらご質問ください。

ありがとうございました。」

 

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp

広告を非表示にする