読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

年金や税金を払わなくしても、この社会システムは崩壊しません。

その存在のメッセージ 聞いちゃえコーナー
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

~春の・その存在に聞いちゃえ祭り~

その存在からみた「年金」ってなんですか?

払いたくないんですが、特別催告状とかいうのが送られてきて延滞金がどんどんつきますよ、みたいなことを言われると不安になってきます。

(もももさん より) 

 

「こんにちは。

 

年金というのは税金の一種です。

残念ながら、今受け取っている人がいるからといって

同じように今払っている人が将来もらえるお金ではありません。

それは理論的に冷静に、データを検討すれば、当然の帰結です。

 

これは私が申し上げるより、専門の方がたくさんいらっしゃいますね。

 

そして、税金・年金は正当な目的(福祉など)に対して使われているのか?

というと、全てではありませんが、ほとんどは違う目的に対して使われています。

 

これも、専門の方がいらっしゃるでしょうし、色々な情報がありますね。

私から申し上げられるのは、みなさんから巻き上げたお金は、

その懐に入るのではなく、さらに上層に巻き上げられている、ということです。

 

なぜか?

それがピラミッド型の社会システムだからです!

そのために構築した機能、そのためのシステムなのです。

頂点に富と権力が集中し、

その頂点が神のようにあなたたちを支配コントロールする、

それが今のあなたたちが採用している社会システムだからです。

 

 

さて、それはそれとして、

これは、支払わなければならないのでしょうか?ということですが、

みなさんが今の社会システムに同意し続ける限りは、

税金や年金などの搾取もやむを得ないのです。

 

同意した覚えはないかもしれませんが、

残念ながら、生まれてきた時点で、

契約書にサインさせられているようなものなのです。

 

しかし、そのシステムの採用を取りやめる方法があります。

 

このシステムを維持管理しているエネルギーを、

供給しないということです。

 

どんなエネルギーなのか?

それは電力のようなものです。

具体的に言うと、あなたたちの放射するエネルギーです。

 

あなたたちもエネルギーを放射している存在なのです。

例えば、嬉しくて胸がふるえるような時、とても精妙なエネルギーが周囲に放射されます。

例えば、落ち込んで人を憎みたくなる時、とても粗いエネルギーが周囲に放射されます。

 

ピラミット型の社会システムを維持するエネルギーは

この「粗いエネルギー」です。

 

これを供給しないでください。

 

 

なので、この方が「年金を払わないと督促状が来て不安だ」ということは、

その年金があるピラミッド型社会システムを応援します、

ということになります。

 

不安というのは粗いエネルギーです。

 

世の中には、たくさん、粗いエネルギーを出すための仕掛けがあります。

ニュースや新聞などのマスメディアでは不安を煽ります。

お金、金融、貨幣経済でも、不安を煽ります。

天災や人災で、恐怖を煽ります。

 

あなたたちに、たくさんたくさん、粗いエネルギーを放射してほしいのです。

そうしないと、この社会システムを維持できないからです。

 

 

この社会システムに同意したくない。

ならば、粗いエネルギーを放射するのやめる、ということです。

そして、精妙なエネルギーを放射するようになる、ということです。

 

わかりやすく言いましょう。

 

我慢をやめて、好きなことをするのです。

 

 

「そんなことをしたら、社会はめちゃくちゃになるのでは?」

はい、めちゃくちゃになります。

そんなことをしたら、この社会システムは崩壊します!笑

 

年金を払わなくしても、この社会システムは崩壊しません。

しかし年金を払っても、粗いエネルギーを出さなければ、

この社会システムは崩壊します。

 

なので、この社会システムがお好みの方は、

いつでも辛く苦しい現実の中で、不安に怯えながら生活してください。

理不尽なことをしてくる、社会や政府に、怒りを持ち続けてください。

そのようなネガティブな、粗いエネルギーを放射し、応援してください。

 

どちらを選んでも自由です。

 

あなたたちを心から応援しています。

決断をする時です。

よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。」

 

f:id:micu_h:20160418125741j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp