読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

好きな事に、お墨付きや比較は必要ない!オタクだって何だって、好きだったら気にせず突き詰めちゃえ〜!

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

~春の・その存在に聞いちゃえ祭り~

私は漫画家業を営んでいる者です。

(中略)

日本という国では、サブカルチャーとしてマンガやアニメなどの二次元文化が非常~~~に活発です

これはどこの国にもない、日本だけの現象です

(中略)

こういった文化の広まりがスピリチュアルベースで語られることがいままであまりなかったと思うのですが、私はアセンションとなにか大いに関係があるような気がしてなりません

それから二次元世界で最近人気のストーリーには、どう考えてもこれチャネリングのかたたちが伝えてる高次のメッセージそのまんまじゃん、という内容なものが多いというのにも日々驚かされています (詳しく書くと長くなりますので割愛します)

日本はムーの波動を残した土地だっていうじゃないですか

この日本の土地だけでガラパゴスみたいに二次元萌え文化が花開いて、世界中を魅了している(感動をまわして経済エネルギーを生んでいる)のに何かあるという思いを禁じえないのです

オタク文化は世間一般のものさしでは「ダメな人たち」「ひきこもり」「負け組」といったレッテルを貼られてきましたが、その価値観って実はさかさまで、もしかしたら自由で先進的な魂?笑なんじゃないかって、なかば本気で思っています

(中略)

もしよかったらこのことについて、なにか「その存在」さんからご意見やお話がきけたらたいへんうれしいです

ここまで長々とお読み下さりほんとうにありがとうございます

これからも更新をこころから楽しみにしております!!

nonさん より)

 

長かったので中略しました!

漫画家さんですって。

いや〜ブログっていろんな方に読まれてるんだな〜。

変わり種の質問ですが、これはどうしましょう?

 

「そうですねぇ。」

 

えっと、サブカルとか漫画アニメの文化ってその存在は知ってますか?

 

「はい知っています。」

 

(知ってるんだ汗)

んじゃー、まず、ストーリーがチャネリングメッセージみたいということですが。

 

「フィクション作品というのは存在しません。

なぜならこの世界がある意味フィクションだからです。

つまり創造されたものであり、想像したものであるからです。

 

物語の作者はインスピレーションで作品を書きます。

頭の中で、意識の中でこねくり回して出したものだとしても

最初の最初、発想の一粒の段階では、インスピレーションがあるのです。

 

『あんな性格のキャラクターが好き』、『こんな世界観が好き』。

これもその人のインスピレーションなのです。

 

そのインスピレーションがどこから来るのか?は様々です。

 

たとえばその方の魂の記憶などから来る場合もありますし、

あなたたちを支配コントロールしている存在から来る場合もあります。」

 

支配コントロールが目的の作品もあると?

 

「もちろんです。

 

芸術家の方達は、いわゆるチャネラーです。

 

その作品を通して、支配・コントロールの波動を広める場合もあります。

愛と調和の波動を広める場合もあります。

 

どちらが好きでも別に問題ありません。好みです。」

 

はあ。

 

あれ?なんか話が逸れたかな?

えっと~~~~、日本!

日本でサブカルが活発なのはアセンションと関係ありますか?

 

「いえ、関係ありません。

 

そのような文化が発達した背景には、それこそ無数の要因があります。

一見良いとされている要因、悪いとされている要因が、背景にあります。

歴史や、状況、文化、風土、それから精神性や、嗜好性など

 

それがたまたま日本だっただけだとお答えした方がよろしいでしょう。

日本が特別だということでもありませんし、アセンションと関係はありません。

 

ただ、その作品を通してアセンションやディセンションの攻防戦?を繰り広げている

場合はあります。

先ほど申し上げたとおりです。

残念ながら、多くはディセンションを目的とされて、展開されています。

映画やマスメディアと同じなのです。」

 

え~~じゃあ漫画とかアニメも、粗い波動だしちゃってるの?

 

「全てではありません。」

 

そうなんだ~~~~。

じゃあ次はね~~

オタクの人たち(私も元オタクですが)っていうのが、自由な魂というのは?

 

「それも全員が全員、そうだというわけではないでしょう。

 

しかし、見習うべき点は、あるかもしれません。

好きなことを突き詰める、ということや、

創作・創造の喜びを感じるということなど。

 

好きこそ物の上手なれ、ということわざがありますね。

好きなことを楽しんでやれば、結果として上手ということです。

そこにあるのは、努力ではないのです。ただ、夢中があるだけです。

 

ただそれは、そのような方達だけではなくて、

パンを作る人、雑貨を作る人、掃除をする人、なんでもそうなんですね。」

 

はい。なんか全体的にバッサリいっちゃってますけど大丈夫ですか。

 

「そうですねぇ。

とにかく、オタクだから、アニメだからいい、とか

日本だからいい、とかそういうことは、ありません。

 

特別な国だ、とか、すごい文化だ、という意識は、むしろ邪魔なんですね。

 

一人一人、それぞれが、好きなこと楽しいことに夢中になって

精妙な波動を放射する、このことをアセンションと呼びます。

 

単純にそれだけなんです。

 

そのための条件というのはないのです。

 

場所がどこでも、どの国でも、手段がなんでも、誰といても。

そこに優劣というものは、存在しないのです。」

 

はい、バッサリいきましたね!

 

「なので、この方も、好きなことを突き詰めてください。

 

別に、そのことに対して、誰のお墨付きも必要ありません。

他の何かと比べる必要も、全くありませんから。

 

心から応援しています。

ありがとうございました。」

 

ありがとうございました~~~!!

さわやかに去って行きました〜〜〜〜笑

 

f:id:micu_h:20160418112339j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp