読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

あなたの幸せを邪魔する<リスク思考>への対策法。”楽”に生きますか?それとも”楽しく”生きますか?

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

その存在に聞いちゃえ〜コーナーです〜! 

いつもブログを拝見しています。

おかげ様で、人生を変えたいと思い始めました。

ただ何をやっても必ず不満が残ってしまう気がします(これまでがそうでした)。なので今より幸せな生活に移行しても、またどこかで不満を感じるなら変化させても無駄なのでないかと思っております。完全に満たされた生活はありえるのでしょうか。

(フラフラさん)

 

「こんにちは。

 

さて、あなたは「人生を変えたい」と思い始めたんですね。

おめでとうございます。

 

しかし、それはあなたのマインドにとって望ましくないことです。

あなたに幸せになってほしくない、あなたのマインドは、

あなたをいろいろな形で説得しようとします。

 

このご相談は、マインドの声です。

 

「何をやってもからなず不満が残るのだから

そんなことをしてもどうせ無駄だ」

「これまでもそうだったでしょう?」

「今より少し幸せになったからって何だ?」

「けっきょくまた不満を感じて苦しくなるんだ。」

「完全に満たされた生活が待ってるわけじゃないなら、

やる意味なんてないよ。」

 

ということを、あなたのマインドは

一生懸命あなたに向かって説得しているのです。笑

 

そこで、選択の時間です。

 

マインドを選びますか?

それともハートを選びますか?

 

ハートの願望は「人生を変えたい」

「幸せな生活に移行したい」です。

マインドの願望は「どうせ完璧に幸せになれないんだから

そんな愚かなことはせずに今のままでいよう」です。

 

どちらを選んでも自由です。

あなたが選択してください。

 

完全に満たされた生活とはなんでしょう?

それはマインドが作り出した幻想です。

「完璧な自分」「完璧な生活」は、存在しません。

 

幸せとはなんでしょうか?

 

マインドの支配で生きること、つまりでいられることか?

(不機嫌さん)

ハートのままに生きること、つまり楽しくいられることか?

(ご機嫌さん)

 

これも正解はありません。

一人一人の「幸せ」があるだけです。

 

しかし「ご機嫌さん」こそを幸せだと「決めた」なら、

私から申し上げられることがあります。

 

幸せとは、不完全な自分こそが完全だと理解し、

心の底から肯定し、大好きになること。 

幸せとは、常に変化し続ける宇宙を心底信頼し、

変化を恐れず、すべての体験を愛おしむこと。

 

これが、ご機嫌さんにとっての幸せなのです。

 

しかし、マインドにとってこれは、恐怖なのです。

マインドにとっては、「欠落したダメな自分」と

「変化を恐れる思考」こそが安楽をもたらしてくれるのです。

なので、マインドの提示する「完璧な幸せ」というのは

存在しない蜃気楼です。

それを見せることで、あなたたちの不完全さを裁き、

変化を恐れさせ、ハートの願望から逃げさせようとするのです。

 

マインドの支配から逃れるには

マインドの声のボリュームを下げてください。

この相談のような考えを「自分の考え」と思っているということは

マインドの声に主権を与えているということなのです。

マインドの声を「あなたの考え」として採用しているということなのです。

 

もし「ご機嫌さん」になりたいのならば

マインドの声は、不採用にしてください。

ハートの声をどんどん採用にしてください。

 

それは「あなた」しかできない決断なのです。

 

ハートと繋がってください。

マインドに支配されている自覚を持って

その支配を切ってください。

 

だれも代わりにはやってくれません。

毅然と、支配にNOを突きつけてください。

 

心から応援しています。

ありがとうございました。」

 

f:id:micu_h:20160320112150j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp