ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

豊かさを妨げる<腐ったお金>の存在!お金で苦労しているなら、もしかして「持っているお金」が原因かも!?

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

ぼーっとお風呂に入っていたら、

お金を使うことが浄化になるのでは?とインスピレーションが来ました。

 

「こんにちは。

 

浄化とはなんでしょうか?

 

エネルギーの通りを良くすることなんですね。

 

浄化とは、循環を良くすることなんです。

 

体の浄化である

 

整体や、漢方や、ヒーリング、ストレッチなどの色々も

 

浄化、つまり循環を良くしているのです。

 

循環が良くなれば不調や病気にならないのです。

 

循環が悪いところが不調や病気になるのですね。

 

エネルギーワークも同じです。

 

体のエネルギーに、磁石のように引っ張られて

 

血液や体液が循環しますので、エネルギーを整えるのです。

 

エネルギーの通りを良くする=物質の循環も良くなる、です。

 

 

お金を使うのが浄化になるとは面白い発想ですね。

 

これは好転反応を先どりする考え方ですね。

 

整体、ヒーリングなど、好転反応というものがありますね。

 

循環を良くするために、体の中で、まず何が起こるか?

 

循環が滞っている場所から、循環を滞らせているものを取り除きます。

 

たとえば、それが痛みという形で出てくる場合もあります。

 

鼻血、下痢など、血液や体液などで出てくる場合もあります。

 

恐れや不安など、感情というもので出てくる場合もあります。

 

それは個々の体やエネルギーの状態によってさまざまです。

 

そして、その「循環を滞らせていた何か」か出切った時に

 

体の循環が非常に整うのです。

 

エネルギーの通りがとても良くなるのです。

 

 

これはお金も同じなのです。

 

お金もエネルギーですので。

 

循環が滞っているとさまざまな問題として表れます。

 

金銭問題や、経済的困窮など。

 

病気と同じで、滞り具合によって、規模は違いますが。

 

そして、仮にお金の流れを、整体やヒーリングのように浄化すると

 

何が起こるのか?

 

一時的にお金が出て行くのです。

 

しかも、なんの見返りもない形で、消えていきます。

 

これが好転反応です。

 

なので、消えて無くなっていいお金なんです。

 

そのお金は、腐ったお金です。

 

お金のエネルギーを停滞させる、ストッパーを担っていたお金です。

 

 

なので、お金を無邪気に、見返りを求めず使うことは

 

この好転反応を先取りしているんです。

 

ただ買い物や日々の生活用品を買うのに使うのではありません。

 

それは血液で考えれば、生きていれば、普通に血液は流れていますから。

 

そうではなく、見返り求めず、普段使わないことに使う。

 

お金を「手放す」という言葉の方がいいかもしれません。

 

エネルギーの循環を良くることにつながります。

 

 

不安や恐れで溜め込んだ、意味のない腐ったお金をもっていると、

 

ますますお金に困る事態を引き寄せます。

 

腐ったお金はいらないのです。

 

エネルギーは循環する形が一番自然です。

 

 

なので、お金を手放すことは、浄化になっているんです。」

f:id:micu_h:20160312205157j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp