読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

今やりたくないことは、やらなくていい!掃除なんてしなくていい!皿洗いなんてしなくていい!

聞いちゃえコーナー その存在のメッセージ
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

今やりたくないけど、やった方がのちのち幸せになれること(そうじや皿洗いなど…)は、「やりたい」「やりたくない」どっちに分類すべき?

 (Mさん より)

 

「こんにちは。

 

今やりたくないのであれば、やりたいことではありません。

 

のちのち幸せになれるとわかっていてもやりたくないことは

 

今はやらなくていいことなんですね。

 

 

「やらなくてもいいこと」まで「やらなければいけない」と思うから

 

あなたたちは忙しく、そして疲れてしまっています。

 

 

掃除なんてしなくていいんですよ。

 

散らかった部屋でもちゃんと生きていけます。

 

ある時にふっと、片付けたくなる瞬間がきます。

 

その時は楽しく掃除ができます。

 

ご機嫌なまま、掃除が完了します。

 

そうなる前にやらなきゃ、と思ってやれば

 

あなたは不機嫌になります。

 

不機嫌にやるので、効率も悪いです。

 

家族にも八つ当たりするかもしれません。

 

いいことがありません。

 

 

きちんと綺麗に片付いた部屋でいる必要はどこにありますか?

 

もっと力を抜いて生きていいんです。

 

清潔にする必要はありません。

 

(そして、清潔という概念は異常なものです。

 

 ことのことについて話し出すと長くなるので、今はやめます。)

 

 

例えば皿洗いということですが、

 

皿洗いはしたくない、と決めてください。

 

皿洗いはしたくないから、しない、と宣言してください。

 

でも料理は作りたい。

 

お皿が足りない。

 

では、誰かに洗ってとお願いしてみてください。

 

お願いする人がいない場合や、断られた場合は、

 

そうですね紙皿を使うのはどうでしょう?

 

それか、みんなで鍋のまま食べればいいのではないですか?

 

それがダメ、どうしてもお皿で食べたいなら、お皿を買ってきてください。

 

そして心置きなく料理をしてください。

 

汚れた食器はどこかにまとめて置いておきましょう。

 

一人暮らしだったら、そのままにしておくのがいやで、

 

「お皿をめちゃくちゃ洗いたい!」と思う瞬間がくるかもしれません。

 

そしたら洗えばいいんです。

 

家族がいれば、

 

誰かしら手伝ってくれるのではないでしょうか?

 

あなたがご機嫌さんで

 

「料理作る方が楽しいから、お皿洗わないで料理作っちゃった。

 

もう鍋ごと食べましょう、今日は。」

 

と明るく言えば、

 

「じゃあ食べ終わったらみんなで楽しく洗おうか」

 

という話になるかもしれません。

 

ならなかったら、自分からそう言ってしまえばいいんです。笑

 

あなたが洗うのが嫌で、食器や鍋を次々買うようになったら

 

家族の誰かが「食器洗い機を買おう」と言い出すかもしれません。

 

そしたら、それを買って機械に洗ってもらえばいいんです。

 

自分の食べた分の食器はここにいれてほしい、と伝えてみましょう。

 

了承されれば、あなたはお皿を洗わず料理ができます。

 

工夫の仕方はいろいろあります。

 

その工夫を楽しくご機嫌でやっている方が

 

いやいや洗った食器でご飯を食べるより

 

家の中の雰囲気は明るくなります。

 

 

そして、「本当に」やらなければいけないことであれば、

 

やりたくなる瞬間、洗いたくなる瞬間は、きます。

 

やりたいこと=「本当に」やるべきことなんですね。

 

しかし、あなたたちの「やるべきこと」というのは、

 

「本当にやるべきこと」じゃなくて「今やらなくてもいいこと」なんです。

 

 

なので、やりたいことだけやっていればすべてはうまくまわります。

 

 

本当にやらなければいけないことというのは

 

とっても少ないんですね。

 

たとえば、息をする。

 

これは、残念ながら(笑)やらなければいけません。

 

しかし、やりたい・やりたくないなどと考える間も無くやっているわけです。

 

あなたは今も、無事に生きています。

 

「生きたい」のですから。

 

 

もう本当に、うんざりするくらいに

 

あなたたちは、やらなければいけないこと、

 

といううのが多すぎるのです。

 

 

なぜか?

 

もう何度も言っている通り、

 

あなたを不機嫌にしていたい存在がいるからです。

 

 

目を覚ましてください。

 

あなたが考えている「やるべきこと」

 

「やらなければいけないこと」は

 

本当に、そうなんですか?

 

「そうじゃなきゃいけない」「そうするべきだ」と

 

誰かに言われたことではないですか?

 

常識や、世間がそうなっているから

 

「そうしなきゃいけない」と考えていませんか?

 

 

世間、常識、他人が正解を持っているわけではありません。

 

あなたのハートこそ、たった一つの、あなたにとっての正解です。

 

 

あなたが「今やりたくないこと」だったら、

 

それは「やらなくていいこと」なんです。

 

今、やりたいことだけをやってください。

 

あなたたちを心から応援しています。

 

ありがとうございました。」

 

f:id:micu_h:20160108123555j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp