ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

「真面目に考えろ」「深刻な事態だぞ」「現実をよく見ろ」「世界は危険だ」は全部ウソ!

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

放射能から身を守る方法はありますか?私は放射能汚染が怖いです。

ふだんはあまり考えないようにしていますが、自分や家族の体調が悪いとき、もしや放射能の影響か?と不安になります。

なので、添加物を放射能に置き換えて読みました。

しかし発電方法に関して個人でどこまで選択できるのか?

世の中的にはやっぱり原発!という強い力が働いているように思います。

(ひよこまめさん)

 

(昨日からの続きです!)ーーー

 

ふむ。

 

「あなたたち自身に思考の力を思い出してほしくない。

 

現実に主権があると知られたくないから、

 

「真面目に考えろ」「深刻な事態だぞ」「現実をよく見ろ」「世界は危険だ」

 

などと、やりたい放題、教えているのです。

 

不安や恐怖に基づいた思考は、その教育の賜物なのです。

 

なぜならそのようにあなたたちが思考してくれれば、

 

そのような現実が現れるからです。

 

 

本当に危惧するべきものは放射能ではありません。

 

本当に危惧するべきは、あなたたち一人一人の思考です。

 

 

厳しいことを言うようですが、

 

放射能というのも、あなたたちに植え付けられた恐怖と不安の、

 

現実世界への具現化に他ならないのです。

 

はい。

いや、おっしゃる通りです。

 

「それから発電方法についても同じですね。

 

「世の中的には原発という強い力が働いている」と思っていると、

 

そのような現実になってしまいます。

 

いいですか、思考が先、現実が後です。

 

まずは思考を変えてください。

 

現実を見て嘆くのではなく、その現実を引き寄せた思考を変えるのです。

 

あなたはどうしたいですか?

 

原発が嫌なのですか?好きなのですか?

 

もし嫌なのであれば

 

「私は、原発ではない発電方法が好きだ!そうしたい!」と思考してください。

 

そこでもし「やっぱり無理だ」とか「どうせ世の中はそうなっていくのだ

 

という考え方が浮かんだら、それを自覚して、捨ててください。

 

思考の通りの現実がやってきてしまいます。

 

その思考こそが、支配・コントロールされた思考なのです。

 

実際は世の中、原発から脱却する方向に動いていくとも見れるのです。

 

たくさんの発電方法が発明されています。

 

電力の自由化もされていきます。

 

同じ世の中を見るのだって、思考が違えば物の見方が変わり、

 

入る情報、見える現実が変わるのです。」

 

うーん、勉強になります。

いままでのおさらい、実践編ですね。

思考が先、現実が後。

 

「はい。

 

放射能のことも、冷静に、恐怖に支配されずに見ていればいいのです。

 

笑顔で、家族が仲良く、穏やかに暮らせばいいのです。

 

地球には、強力な浄化作用があります。

 

あなたたちの体にも、ストレスで弱めない限りとても強い浄化作用があるのです。

 

それは心の力です。精神の力、波動エネルギーです。

 

何度も申し上げている通り、あなたたちの本質は物質ではないのですから。

 

恐怖、不安のエネルギーに反応しないくらい波動を精妙にしてしまえばいいんです。」

 

超ハイパーご機嫌さんってことですね。

とにかく問題は恐怖心だと。

 

「そうです。この問題だけではありません。

 

人間関係、環境問題、規模に関わらず、すべての問題は

 

心の状態に起因しているのです。

 

 

あなたたちが、自分で、決めてください。

 

恐怖に支配された人生がいいのか?

 

自由に安心して過ごせる人生がいいのか?

 

決めてください。

 

心の状態をどっちに持って行きたいのか。

 

心から応援しています。

 

ありがとうございました。」

 

ありがとうございましたー!!

 

f:id:micu_h:20160228142824j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp