読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

放射能が怖い!そんな時に必要なのは「自分の中の恐怖」と向き合うこと。

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

毎度おなじみ!?「その存在に聞いちゃえ~!」のコーナーです! 

今日はこんな質問がありましたので、お答えしていきたいとおもいます~。

 

放射能から身を守る方法はありますか?私は放射能汚染が怖いです。

ふだんはあまり考えないようにしていますが、自分や家族の体調が悪いとき、もしや放射能の影響か?と不安になります。

なので、添加物を放射能に置き換えて読みました。

しかし発電方法に関して個人でどこまで選択できるのか?

世の中的にはやっぱり原発!という強い力が働いているように思います。

(ひよこまめさん)

 

 

その存在、よろしく~!

 

「こんにちは。

 

放射能を恐れないでください。

 

健康に一番悪いのは、何か?

 

それは、ストレスなんですね。笑

 

一番大切なことは、自己免疫を弱らせないことなのです。

 

自然治癒力とも言いますね。

 

ストレスがあると、自己免疫、自然治癒力が落ちます。

 

このことは、私に言われるまでもなく、皆さんご存知ですね。笑

 

恐れる気持ち、恐怖の気持ち、これが一番、体に悪いのです。」

 

でも怖いんですよ、多分。

 

「この方に必要なのは、放射能についての情報を集めることではありません。

 

自分の恐怖と向き合う術を知る必要があるのです。

 

でないと、どんな情報を見ても恐れを助長させてしまいます。

 

冷静に判断できなくなってしまうのです。」

 

なるほどー、恐怖と向き合う術ですか。

それってどうすればいいんですか?

 

「死ぬのが怖いという気持ちを自覚してください。

 

支配には、生存の恐怖を使うのです。

(参照:死んでも何も変わらない(前半)

 

しかし、死んでも、怖くありません。

 

そのような考え方に変えてください。

 

無茶苦茶なことを言っているようですが、

 

地球に生まれてきた以上、最後は死という変化を体験します。

 

それは別に怖くないのです。」

 

う~ん。

でも、「最後は死ぬんだから放射能を怖がるな」ってことですよね?

それって無責任というか、極論というか、そうは言ってもというか

 

「では、逆に伺いますが、放射能に怯えていることで、

 

あなたたちが、何か得をすることはありますか?」

 

それは……ないですけど。

 

「そうです、ないのです。

 

怯えて日々暮らすことでストレスが増しますし

 

どんな情報を手に入れても、不安はなくなりません。

 

ヨウ素?を飲んでみても、防護服を着てみても、前提に恐怖があれば

 

永遠にその恐怖から逃れることはできないのです。

 

 

そして、何かあるたびに「もしかしたら放射能」と不安になれば

 

そのような現実がやってくるのです。

 

本当に病気になります。

 

しかし誤解を恐れずに言えば、

 

それは放射能で病気になったわけではないのです。

 

思考が、現実化しただけです。

 

あの有名人も放射能でガンになりました、という情報を見て

 

それを鵜呑みにしないでください。

 

あなたたちを怯えさせて得をするのは

 

あなたたちを恐怖で縛っておきたい存在だけなのです。

 

あなたたちが開き直って、明るい気持ちで、アホのように、

 

いわゆる「頭の中お花畑」と言うんですか?そのように生きていくことで

 

困るのは、あなたたちを支配コントロールしている存在だけなのです。」

 

ふむ。

 

(明日に続く「真面目に考えろ」「深刻な事態だぞ」「現実をよく見ろ」「世界は危険だ」は全部ウソ! - ゆるんでいく日々

 

f:id:micu_h:20160305205101j:plain