読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

ビジョンを信じたら、焦りが消える。

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

「指を噛むことが何を象徴しているのか?ということです。

そこに、あなたが好きになれない部分、が隠されているのです。

その心理を端的に教えてくれているのです。」

 

(というわけで昨日からの続き)ーーー

 

えっと、じゃあさらに具体的に

私は自分のどの部分が気にくわないのか、という話ですよね。

 

「ご自分のどういうところが嫌いですか?」

 

たとえばーーーーーー。

うーーーーん。

えーと。

 

「まずは、そこを見ていないということなんですね。

 

なんとなく自分のことを好きになりきれない状態があって、

 

不満足というか、不愉快というか…それだけがある。

 

そこを捉えられていないから、世界にわざわざ現れてくれているわけです。

 

鏡が、教えてくれているのですね。

 

髪のここが跳ねてるよ、といった具合に。」

 

えーと、えーと。

え~~!どうして思い浮かばないの~~!?

そこも好きだし、ここも好きだし~、えっと

 

「指を噛むということは、あなたから見て、どういう風に見えますか?」

 

うーん、なぁんか、イラついてるな〜とか。

焦ってるっていうか、気持ちばかりが先走ってしまっているのが伝わってきます。

それを必死に抑えてる感じ?

あと、その逸る気持ちに応えられない自分に、攻撃を与えてるって感じ。

 

「ご自分の心理として、思い当たる節はありませんか?」

 

あ〜〜〜〜〜!

ある〜〜〜!超ある!!!

すごいその気持ちが大きくてですね〜〜〜〜。

「能力を全部、発揮しきってない」

「人の役に立ちきれてない」

そんな、焦りと苛立ちが…すごいあるんですよ!!

たぶんこの焦りと苛立ちは、もう、ず〜っとあり続けています。

 

でも、意味分からなくて。

だって今ベストを尽くしてるし、

「焦る必要ないよ!」「私はよくやってるよ!」って

自分で必死に、言い聞かせてました。

 

あっ、もしかして、これが…頭皮の痒みの原因でもあるかも!?

(突然ですが、私は頭皮の痒みにここしばらく悩まされています。

 シャンプーを変えても、洗っても洗わなくても、かゆい!)

 

「彼女の爪を噛む癖と、頭皮の痒みが、

 

あなたの中の焦りと苛立ちを教えてくれていたのですね。」

 

え〜〜〜!

でも、なんでこんなに焦りと苛立ちがあるのかな!?

 

なんか、理屈じゃないんですけど、前から

自分はこんなもんじゃないという気持ちがあるんですよね。

でも根拠はないんです。

根拠がないから、この気持ちが謎で、結構しんどいんです~~><。

私はこんなもんでいいんですけど〜〜〜〜笑

 

え〜い!

心よ!なんで?

なんでこんなもんじゃない!みたいな気持ちがあるの?

 

「自分がこうなるというビジョンが見えているから。

今現在の自分と比較して、焦るし、苛立つ。

その道のりの景色を、楽しもうとしていない。」

 

はぁ〜?

自分のゴールみたいなもの?のビジョンがあるってことね?

 

「そうだ。」

 

言われてみれば、「こんなもんじゃない」って気持ちは

「本当はこうだ」ってものが見えてないと、湧かないもんね。

でも、はっきりとビジョンが見えるわけじゃないんだけれど?

 

「知っている。」

 

う〜ん、知っている。

なるほど、そんな感じなのか。

だからこんなもんじゃないのにな~~~みたいに思っちゃうのか。

どうすればいい?

 

「ビジョンを知っていることに、自覚を持つこと。」

 

うぉおおおお、それな。

わかった、自覚を持つ。

私は知っている。

こんなもんじゃない状態をビジョンで知っている。

知っている状態に近づくには、心のままにいればいいの?

 

「そうだ。それが一番の近道。」

 

そのハートのナビゲーションは、今もちゃんと機能し続けている?

 

「そうだ。」

 

で…道のりの景色を楽しむってどうやればいいの?笑

 

「子供の頃から、車に乗るのが好きだったでしょ。

窓の外を見ながら、わくわくしてたでしょ。

それと同じ。

目的地に着くまでの景色を楽しむということ。

目的に着くということを疑わないこと。」

 

今、信じてない?

 

「信じてないし、そもそも

目的地を知っているということを認めてなかったから。

ビジョンを否認していたから。

だから「なんだこれ」みたいに、焦りと苛立ちが出る。」

 

それが頭皮の痒み?

 

「そうだ。」

 

痒くない時があって不思議だったんだよね〜〜〜。

お風呂はいってるときとか、さっきまであんなに痒くて、

かきむしってたのに、まったく痒くない、みたいな…。

やっぱりこれもサインだったわけね。

 

「体とよく対話して。」

 

対話しても教えてくれなかったんだもん!

でも意外なところから、わかってよかった。

このビジョンを、私は知っている、ということを認めます。

 

「ビジョンをはっきり、しっかり受け取ってみて。」

 

受け取れるかな?

 

「やってみて。」

 

OK

やってみる。

見た。

(すごい理想状態な私のビジョンが見えている)

 

「それがビジョン。」

 

これが目的地ね?

これが見えてるから、焦りと苛立ちが湧くわけね!

そりゃー湧くわ!笑

今と全然違いすぎるもん、どうすればそうなれるのか到底わかんない!

こんな風になれたらいいけどなぁ~~~~笑

 

「ほら、まだ疑っている。」

 

信じればいいのね笑

それはトライしてみるわ。

だってもう、耐えられないくらい頭皮がかゆいからね。

 

「頭皮が痒くなくなるといいね。」

 

ビジョン状態に近づくために私ができることってある?

 

「ない。今の通りでいい、やるべきことは勝手にやるから。」

 

ないんか〜い。また焦りそうになるわ。

心よ、ありがとう!

 

その存在もありがとう!

彼女の気になる癖から、思わぬ発見になったよ!

 

「はい。

 

このように、近しい人は自分を発見するための

 

とても最適な鏡なのです。

 

時には、最適すぎて目を背けたくなることもあるかもしれませんが笑

 

いわゆる、耳に痛い、という状況ですね。

 

けれども、その相手を選んだのはあなたなのです。」

 

相手に感謝ですね~~~!

 

「はい。

 

世界はあなたの鏡です。

 

世界があるからあなたは、あなたを発見し続けられるのです。」

 

世界に感謝ですね~~~~!!

 

「ではまた。ありがとうございました。」

 

ありがとうございました~~~~!!!

 

確かに人って、焦ってる時に頭皮を掻き毟りますよね。

なんて直接的なメッセージを体は教えてくれていたんでしょうか。笑

 

f:id:micu_h:20160305211706j:plain

広告を非表示にする