読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

食べ物に毒を入れている生産者も企業も、結局はその毒を食べる。これが貨幣経済。

聞いちゃえコーナー その存在のメッセージ
神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

 昨日からの続きです!

提供いただいた話題はこちら。

 

農薬と食品添加物について聞きたいです。これらは健康に良くないと言われていますが、一方で作物の安定供給にも貢献しており、様々な意見があります。その存在さんはどんな意見をお持ちでしょうか。

(ミアさん) 

 

ーーーーーー (昨日からの続きです)

 

 

じゃあ、逆になればいいんだ。

A社は、毒を入れている上、お給料が安く、不安定(と言われている)な会社。

B社は、毒を入れないし、お給料が高く、安定的(と言われている)会社。

こうなればいいわけですね。

 

あ!そのためには、つまり

買わない。

買う消費者がいない。

儲かってない。

っていう状態になればいいわけだ。

 

「そうです。

 

毒を入れることを支援しているのは一人一人の消費者なのです。」

 

耳が痛いです~~~。

えーと、消費者にとって、農薬や添加物のメリットは「安い」以外ないんですか?

 

「ありません。」

 

断言しましたね。

 

「ではお伺いしますが、毒を食べるメリットはなんですか?」

 

ないですね!!笑

 

「そして、農作物の生産に当たっても、本来農薬はメリットがないのです。

 

生産者も人間であり、消費者ですから。

 

そして、企業の社員も人間であり、消費者です。

 

回り回って、自分たちの口に入るものに毒を入れている。

 

そしてその目的は、「お金で食べていくため」ということです。

 

 

みなさん、お金は食べられません。

 

食べ物しか、食べられません。

 

お金を食べないでくださいね、お腹を壊してしまいます。笑

 

 

そのお金のために、本当に口に入る食べ物に毒を入れている。

 

これが私が最初に申し上げた、貨幣経済、ということなのです。」

 

なるほど~よくわかりました。

なんだか食べ物に毒を入れない生産者、企業を

猛烈に応援したくなってきました!!

 

食べられないお金のために、

食べ物に毒を入れて、

毒をみんなで食べるなんて、

もーめっちゃ、アホくさいですね~~~!

 

「はい。

 

消費者一人一人のパワーはとても大きいのです。

 

あなたのその気持ちと行動が、また社会を毒から遠ざけてくれます。

 

無理をする必要はありません。

 

楽しんで、前向きな気持ちで、できることからすればいいのです。

 

 

好きなことをしてください、そうすれば社会が丸く収まります。笑

 

 

想像してください、作物を育てるのが大好きな人たちが

 

愛情を込めて、楽しく育てた安全なものだけを、食べられる世界を。

 

そして、安定供給するにはどうしたらいいだろう?

 

楽しく知恵を出し合って、得意な人たちが力を合わせて考える。

 

そうすると、自然のバランス、循環がいかに私たちを生かしていることか

 

水と、大地と、太陽と、すべてが奇跡的に協調していることを発見するでしょう。

 

その循環の中で、余計な手出しをしなければ、すべてうまくいくのだと、

 

わかってくるでしょう。

 

 

地球はあなたたちひとりひとりを愛しています。

 

その大きな恵みに、決して不足はないのです。

 

安定供給ができないのは、飢えと飽食の差が広がるのは

 

すべてこの循環、バランスを崩しているからなのです。

 

 

安心してください。

 

バランスを取り戻すために、大変な努力や成長は、不要なのです。

 

すべての人が、好きなことを、好きな時にやるだけで

 

調和がとれ、バランスは取り戻されます。

 

心のバランスがすべての出発点です。

 

いつでも、ご機嫌さんで、愛で満たされた心を作ってください。」

 

はい。

ありがとうございました!

 

f:id:micu_h:20160220115408j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp