読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

自分を大事にできない!自分を傷つけてしまう!そんな時は、マインドの自分が、ハートの自分をいじめているサイン。

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

しれっと設置中の「その存在に聞いちゃえ~」コーナーですが、

読者の方から、さっそく投稿がありました~!

  

こんにちは。

最近仕事が遅くなったり寒かったりして、お風呂に入れなかったり、過食が激しくて自分が嫌いになってしまい困っています。

健康的な行動をとれば自尊心も回復するのですが、そのような行動を取ろうとすると「もっと悪くして惨めさにずっとはまってればいい」という気持ちが激しくなり、悪い行動がひどくなってしまいます。

どうすれば自分が好きになり、この悪循環から抜けられるでしょうか。

(Mさんより)

 

 

とのことです。

ありがとうございます☆

 

しかし、さっそく本格的な相談ですね~!

 

「そうですね。」

 

☆ご相談のポイント☆

  • 健康的な行動をとれない自分が嫌い
    1)最近仕事が遅くなったり寒かったりしてお風呂に入れない
    2)過食が激しい
  • 健康的な行動を取ろうとすると「もっと悪くして惨めさにずっとはまってればいい」という気持ちが激しくなる
  • そうなると、逆に、悪い行動がひどくなってしまう
  • 自分を好きになり、この悪循環から抜けるにはどうすれば?

 

 

えーと、まずは

この方は、健康的な行動が取れないそうです。

仕事が遅かったりしてお風呂に入れないとか、食べすぎてしまうそうです。

 

「はい。」

 

そして、そんな自分が嫌いになってしまう。そのことに困っていると。

 

「なるほど

 

この場合は、健康的な行動というだけではないですね。

 

自分のやりたいことができない、ということだと思います。

 

お風呂に入りたいとか、食べ過ぎたくない、とかいうことだけではなく

 

普段の生活全般で、自分のことを優先することができないということです。

 

自分を優先しないので、自分に嫌われているわけなのですね。

 

嫌っているのではありません、嫌われてしまっているのです。」

 

はあ。

 

「自分と、他人の尊厳に差が出ているのですね。

 

他人と自分が等しく尊厳のある存在だというふうに扱っていないのです。

 

この「自分」を「友人の一人」と考えてみましょう。

 

たくさんの友人がいる中で、「自分さん」という友人のことは軽んじる。

 

みんなに対して、楽しく、やさしく考えている中で、

 

「自分さん」だけは「この人は、優しくしなくて、いいや」とぞんざいに扱う。

 

こんなことをしていると、「自分さん」からは、嫌われると思いませんか?」

 

嫌われると思います。

っていうか、私だったら絶対そんなことをしてくる相手とは関わりたくないです。

つまりそれって「仲間はずれ」「イジメ」ですよね?

 

「なので自分に嫌われてしまうのです。」

 

えーと、でも友人と自分だったらわかりますよ。

でもこの場合は「自分」だから

つまり、自分の中に2人いるみたいな感じですか?

 

「ハートとマインドの2人です。」

 

おっ、ここでハートとマインドが出てくるんですね。

 

「つまり、マインドの自分が、ハートの自分をいじめている状態です。」

 

なるほど~。マインドのやりそうなことですね。

 

「マインドが主権を持っているのです。マインドが主、ハートが従の状態です。

(詳細:http://liberesta.hateblo.jp/entry/2016/01/26/083000

 

この場合のやりたいことは、ハートから出る願望なのです。

 

「健康的な生活がしたい」ということは、もっと私を大事にして、ということですね。

 

そしてその声は裏切られ、大切にされない、その状態に苦しさを感じてるのです。

 

苦しさを感じているのはハートです。

 

マインドは苦しさを感じていません。

 

喜んでいます。」

 

よ、喜んでいるんですか?!

 

「喜んでいます。

 

だからやめることができません。

 

マインドに主権を与え続ける限りは。」

 

なるほど~~~~。

じゃあどうすればいいの!?って感じですね。

 

(明日に続く)