ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

本気で生きてたんだ

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

怒り大爆破なことがありました。

 

ものすごく簡単に言うと、

 命をかけて、人生をかけて、

魂を込めて作った私のある作品を、

パートナーが目の前で、ちょっと?かなり?

ぞんざいに扱いまして。

 

それを見て、私は

まるで自分そのものがぞんざいに扱われた!!

それどころか自分の生き様まで侮辱された!!

と、ものすごくショックで

 

ショックで

 

ショックで

 

ぶっっっちギレました^^

(ご近所に響き渡る大声でわめき散らしました)

f:id:micu_h:20160205104336j:plain

(画像:http://free-photos.gatag.net/2015/01/26/170000.html

 

ぶちギレすぎて、喉が痛いです(よわい…)

 

で、キレながら、いろいろ自分の感情を

言葉で言ってました。

 

そして「とにかく傷ついた!」という言葉を

言った直後に、

何かの本?ブログ?で見た、

こんな言葉が急に思い出されたんです。

 

「本気で生きると、傷つく。」

 

あー!!!

それな!!!!!!!!!!!!!!!

 

私、本気で作ったから、傷ついてるんだ。

本気で生き様を込めたから、傷ついてるんだ。

と思った。

そしたら、怒りがしゅーーーーーんと萎んで、消えちゃった。

 

むしろ、

「やったー、私って今、本気で生きてるんだ!!!」

と思ったら、なんか、うれしくなっちゃった。

 

本気で生きると、傷つくんなら、

むしろ傷ついたことって、すごく名誉なことじゃないですか!?!?笑

 

私は昔、本当に、本気で生きられなかったんですよ。

「こんな世界、本気で生きる価値がない」と思っていた。

 

でも、好きなこと「だけ」やっていたら、

いつの間にか、ちゃんと本気で、自分の魂をかけて生きていけるようになっていた。

そのことが、とても嬉しかったんですよね~。

f:id:micu_h:20160107160329j:plain

 

その作品も、適当に、自分の魂の100%じゃなくて50%で作ってれば

ぞんざいに扱われても、伝わらなくても、いちいち傷つかないし。

むしろ「そうだよね、よかった、100%で作らなくて」なんてほっとしたりして。

 

でも今はそれで傷ついたってことは、

この作品は、自分の本気で生きた証。

その証明になったってこと。

 

わーお。(うれしい)

 

それから、「怒り」って、

「傷つくの、いやだよー!!」

っていう気持ちだったんですね。

 

だって「傷ついていいんだー!!(むしろラッキー!)

と思った瞬間、しゅーーーーーっと消えてしまったんですから!

 

パートナーにはいい迷惑だっただろうけど、

(ほんとにごめんね^^;)

これでまた一つ、自由になれた気がする。

傷ついても、いいんだ~。

広告を非表示にする