ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

過去も変わる!?実は何度も、過去は書き換えられている。

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

今日から2月ですね〜!!なんだか楽しくなりそうだ!(根拠はない)

さて、なんとなく「過去は加筆修正可」という言葉が思い浮かんできました〜。

なので、それについてメッセージをもらいました。 

 

 

「こんにちは。

 

過去というのは、変えることができます。

 

何度も必要に応じて書き換えられてきているのです。

 

「思い出は美しくなる」と言われていますが、

 

実際に「過去が美しく変わっている」こともあるのです。

 

なぜならば、実は「今」しか存在しないからなのです。

 

頭が混乱しますか?

 

「今」という永遠のみが、実在なのです。

 

今というものが永遠に存在している、これが宇宙の実相なのです。

 

もっとも力を持っているのが「今」という時なのです。

 

「今」という実在に比べれば、

 

あなたたちの言う「過去」や「未来」は蜃気楼のようなもので、

 

まったく「今」と関係のない話なのです。

 

「今」という実在にしっかり根付いている存在にとって、

 

「過去」は「今」に影響を与えるということはないのです。

 

「未来」も同じです。

 

言葉通り、「今しかない」からなのです。

 

しかし、あなたたちは「時間」という設定を楽しむことにしました。

 

「過去」から「未来」への流れというものを「体験」してみたい、と、

 

本来は無いところから作り出したのです。

 

なので、今のあなたたちにとって「過去が今に影響を与える」という呪文は、

 

力を持っています。

 

しかし、「過去」は蜃気楼なのです。

 

「今」が主権を持っているのです。

 

なので、いままでもあなたたちは、

 

「過去」を「今」の力によって

 

何度も何度も加筆修正しながら生きてきているのです。

 

そして、「今」の地点から「未来」も加筆修正しています。

 

「今」が主で、「過去」「未来」が従です。

 

逆に考えないでください。

 

しっかりと「今」に根ざすことを心がけてください。

 

あなたの人生を操縦するのは「今のあなた」です。

 

「過去のあなた」や「未来のあなた」に、操縦桿を握らせないください。

 

それは蜃気楼のような、実態のないものです。

 

あなたの人生が実態のないものになってしまいます。

 

 

今回は、観念的なお話になりました。

 

そんなこともあるのかという程度で聞いて頂けらたらと思います。」

 

へ〜そんなこともあるのか〜。

 

f:id:micu_h:20160305214428j:plain

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp