読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

自分に愛を注がず他人に注ごうとすれば、それはあっという間に枯渇する!

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

 ニュースか何かで、誰かが苦しんでいるのを見た時に、

その人が笑顔になった姿を心の中に思い描く、ということをしていました。

その時に、受け取ったメッセージです。

 

「誰かの笑顔を思い描く時には、

 

まず、そのエネルギーを自分に向けてください。

 

もう十分だと思うくらいたっぷりと自分に放射してください。

 

そうすれば慈愛のエネルギーは枯渇することなく、

 

むしろどんどん溢れてくるでしょう。

 

自分に慈愛のエネルギーを注がずに、

 

他人に注ごうとすれば、それはあっという間に枯渇してしまいます。

 

今度は誰かから奪う、エネルギーバンパイアになっていまうのです。

 

例えば、目を覆いたくなるような惨状を前にしても、

 

慈愛のエネルギーを自分に向けている人は、

 

微笑みを浮かべていられるのです。

 

それは薄情ということではないのです。

 

湧き上がって、余っているから、施せるのです。

 

惨状に同調して同情して、苦しげな顔を浮かべている人は

 

施すことはできません。

 

大切なのは自分が微笑んでいられることです。

 

そのために、そのような情報には触れないように心がける。

 

触れてしまったら、慈愛のエネルギーは、自分に向けて放射してください。

 

あなたの笑顔が、宇宙の宝です。」

 

f:id:micu_h:20160305215107j:plain

 

とのことです〜。

いつでも自分の心の状態に気をつけていようと思います!(言うは易し)

 

そういえば、初期仏教の慈悲の瞑想も、まずは自分から始めますね。

っていうか人類全員が自分の心の状態をメンテしたら世界は平和になりますしね。

あ、それリベレスタのビジョンじゃん!笑

 

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp