読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

お酒で酔うことと、眠ることで、やっと私は「自分がただいるだけで許されている」と思えていた。

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

不眠に悩んでいた、わたし。

もしかしたら原因はアルコール?と思いついて聞いてみました。

  

「なぜ、あなたが飲酒したいと思うか。

 

それは睡眠を取りたいと思う理由と一緒です。」

 

へー!?

飲酒と睡眠が同じ理由?

 

「今までの人生の中で、飲酒をすると言うことで、

 

考えるのをやめることができる

 

マインドを止めることができる

 

そして、自分がただふわふわと漂っているだけでオッケーな状態

 

それを体験できるということで、

 

お酒を頼って生きてきました。」

 

うっ…その通りです。

 

「でも、もう必要ありません。

 

すべての人に必要ないと言っているわけではありません。

 

あなたに対して必要ないと言っています。」

 

えー!いやだー!!!!!

 

「それは、あなたが睡眠に執着するのと、同じ理由です。

 

睡眠をすれば何も考えないで済む。

 

とてもぬくぬくと気持ちが良い所で

 

体の力を抜くことができるというふうに考えているから、

 

睡眠に対する気持ちが、すごく強くなるのです。」

 

う…その通りですね。

 

「お酒も同じで、身体というよりは、頭で欲しています。

 

身体は欲していません。

 

現に昨日体験して分かる通り、アルコールがない方が良い睡眠が取れます。

(注:前日は飲みませんでした)

 

また、起きている間の時間、マイペースでいられるかどうかですね。

 

マイペースでいられれば、

 

良い睡眠に対しての執着や、飲酒をしたくなる気持ちが

 

なくなる、と言うことにつながってきます。

 

逆に、飲みたくなるという事は、

 

起きている間は、自分が許されている、

 

ふわふわ、ただ、漂ってる

 

そう存在してもいいんだ

 

考えなくていいんだという風に

 

振る舞えていないという事を表しています。

 

なので、睡眠や飲酒への執着は、逆に良いサインだとは思います。」

 

なるほど。

 

「飲酒はとにかく身体は欲していませんし、

 

また睡眠に対しても、

 

マイペースに生活できていれば、今執着している部分が取れて、

 

寝つきが良くなったり、

 

また眠れなくても別にいいやという気持ちになっていく、

 

不眠の苦しみ自体が、なくなっていくと思います。

 

とにかく今までの、マイペースでいてはいけないんだ、という状態でいると、

 

睡眠やお酒を摂っておかないといけない、という思考になります。

 

今、変化を欲しているということ。

 

つまり、その執着と手を切りたいと思っていること。

 

そのためには、今申し上げた

 

起きている間に、寝ているような状態

 

あるいは、酔っ払っているような状態になる。

 

あなたが起きている時にそのような状態に入ることがとても重要です。

 

よろしいですか?」

 

 

よろしいですけど

 

すごいこと言ってますよね?

 

起きてる間に、

 

寝てる状態、酔っ払ってる状態になるって…笑

 

(ちなみにこのメッセージのあともお酒飲んでますケド〜^^;)

 

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp