読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるんでいく日々

心理カウンセラー原口実紅のブログ

思考が現実を作る。だから「現実をどう解釈するか」で人生が変わる!

神奈川・湘南の心理カウンセリング、心理療法FAPでのトラウマ治療

飼っている猫が、いきなりリビングで「オエッオエッ」と吐きました。

(これも去年の混沌中の出来事です〜)

 

普段は滅多に吐かない猫なので、すごく心配して、

吐いたものをよく見てたら「毛糸!!!」が出てきました。

猫にとって糸状のものは腸に絡まることが多い、非常に危険な誤飲…。

 

「吐き出してくれてありがとう~~(涙)」と猫を抱きしめました。

そして、毛糸に気づかなかった自分ってと落ち込みました。

 

「うーん、やっぱり、自分がいろいろ目を配って気をつけないとこうなる」

 

「自力を捨てるのって、やっぱり、うまくいかないんじゃないの?

 

的なことをぼんやり考えていた時に受け取ったメッセージです。

 

 

「そうじゃないのです。

 

猫は毛糸を飲み込みましたが、吐きました。

 

今は、何も起こらなかったのと同じ状態です。

 

結果をみてください。

 

このような出来事を通して、

 

「ああ、やっぱり私が気をつけていなかったからこんなことが起こってしまった。

 

もしこの毛糸を履いてくれなかったら、大変なことになっていた。

 

猫をきちんと、自力で、管理しなければ」という教訓を得るのか、

 

「ああ、猫は気をつけて見ていなくても、

 

変なものを飲み込んでしまっても

 

自分で吐くことができるんだな」というふうに考えるか、

 

その思考の違いがとても重要です。

 

なぜなら思考が現実を作るからです。

 

常に思考が、現実を選択しています。

 

思考が先、現実が後です。

 

あなたたちは見事に逆を教えられています。

 

自分が頑張らなくても、

 

家族や、周囲を、気をつけて見ていなくても、

 

全ては無事に進んで行く、という信念体系を持つことです。

 

そうすれば、そのような現実が起こるのです。

 

そして、今回の出来事を、

 

他力で生きていいんだよ、

というメッセージだと受け取るか、

 

他力で生きちゃいけないんだよ、

というメッセージと受け取るかは、

 

あなたの選択です。

 

現実はいつだってどちらにも解釈できてしまうのです。

 

そして、その解釈を、自覚的に行うのか、

 

それとも、慣れ親しんだ信念体系にしたがってオートマチックに行うか、

 

この違いを感じてください。

 

その違いこそが、現実に変化をもたらす、

 

非常にパワフルなものだと

 

わかっていただけるでしょうか?

 

今回も、あなたが深いところで

 

「そろそろ自力で生きる人生を変えよう」と意図していたからこそ、

 

そのオーダーにそぐわない思念体系が出てきたときに、

 

私のメッセージを受け取ったのです。

 

これがあなたの選択ということです。

 

まず、「こんな風に生きていこう」と意図する。

 

そうすれば、現実の解釈を、好きに選択できます。

 

結果、現実の人生が変わっていきます。

 

この順番です。

 

このメッセージを聞いて、「あ、そうか~。」と思うだけで結構です。

 

いつだって、ゆるんでいてくださいね。

 

長くなりましたが、聞いてくださってありがとうございます。」

 

さいごに

現在、私はスピリチュアルの方面に飽きてしまい、チャネリングは行なっておりません。トラウマ治療・臨床心理の方面で、心理カウンセラーとしての活動を再開しています。

スピリチュアルじゃ物足りない

チャネリングメッセージなどのスピリチュアル系の考え方は、勉強になることも多いのですが、「現実を超越したところから、ならなんとでも言える!」とか「それができれば苦労しないんじゃ!」と思うシーンもあります。

私自身、スピリチュアルの考え方で「腑に落ちた!楽になった!」というポイントと「それがわかっても行動が変えられない!自分の生活に応用できない!」というポイントが両方ありました。

そしてそのポイントの両方に変化をもたらすことができる方法はないのかと常々感じていたんです。

トラウマ治療が自由への鍵

結果的にたどり着いたのが、トラウマ治療の手法であるFAPでした。個人に対して、比較的短期かつ根本的に変化をもたらすパワフルな手法です。私自身もチャネリングをするよりFAPカウンセリングを行なっていた方が、数倍楽しい現在です。笑

ご興味のある方はこちら

liberesta.hateblo.jp